祝賀会のお祝いに最適なお花

祝賀会とは、おめでたい出来事や記念日、功績などをお祝いするとてもおめでたい式典です。祝賀会に呼ばれたら、お祝いの準備が必要です。

ご祝儀またはお花やお酒等のお祝いの品を贈ります。お花を事前に会場にお送りする場合は、搬入時間や設置場所の有無を会場に確認しておきましょう。

よく利用されているお花は胡蝶蘭やスタンド花です。スタンド花を飾る場所がない場合は会場を華やかに彩るアレンジメントフラワーもおすすめです。

祝賀会に呼ばれたら?

祝賀会の招待を受けたらまず、ご祝儀の用意をします。 ご祝儀のみ、またはお祝い品(ご祝儀とお祝い品でも可)を用意して会場に手配します。会費制の場合はご祝儀の用意をする必要はありませんが、関係性によっては会費だけでは失礼になる場合もあります。大切なお取引先の場合は、ご祝儀と祝花を用意すると良いでしょう。

祝賀会にどんなお花を贈ったらいいの?

会場に設置する場所がある場合はスタンド花・胡蝶蘭をおすすめしています。関係性や状況によっても最適な祝い花は異なりますので、以下を参考にしてみてください。

 

デザイン参考

祝賀会のお祝いに最適なスタンド花

スタンドには1段、2段、デザインスタンド仕立てのものがあり、花のボリュームや種類によっても値段に差が出てきます。祝賀会にスタンド花を用意する場合は、2万円~3万円程度の1段仕立てのスタンダードタイプが一般的ですが、格式の高い祝賀会の場合、3万円以上の花に2段仕立てや高級感のあるスタンド付きのものが選ばれることもあります。

1段のスタンド花納品事例

2段のスタンド花納品事例

デザインスタンド花納品事例

 

 

祝賀会のお祝いに最適な胡蝶蘭

胡蝶蘭にも様々な種類があります。花の数や大きさ、色、茎の本数で値段に違いが出てきます。祝賀会などで胡蝶蘭を贈る場合は、3万前後が相場とされています。もっと見栄えの良いものでしたら、3万円以上のものもございます。式典の規模に合わせてお選びください。

胡蝶蘭の種類

一般的な3本立ち、5本立ちのようなデザインの他にワイヤーで右肩上がりに流れるように整えられている「ワルツ」(ハーモニ・デュエット)と呼ばれるタイプの胡蝶蘭もございます。このように創作されたものは、どの方向からでも縁起の良い右肩上がりの美しい胡蝶蘭を愛でることができると、祝賀会にもおすすめです。

また、白く大きな花弁を持つ胡蝶蘭に、色付きパウダーで美しく文字や絵を描くことが出来る「化粧蘭」という種類もあります。特殊なパウダーを使っていますので、すぐに文字や絵が消えてしまうことはありません。
他のお花とは違った”特別な”胡蝶蘭は、大切な相手先様の印象に強く残って頂くことができるでしょう。

ミディ胡蝶蘭は、縁起が良いとされる「八」(八 = 末広がり、めでたい)本立ちの熟成胡蝶蘭です。
ハボタンフラワーのミディ胡蝶蘭は、「薄ピンク」「金色の」ミックス八本立ちで、とても豪華です。熟成胡蝶蘭とは成熟した一株から、複数の花茎を出し開花させた胡蝶蘭で美しい葉姿も鑑賞することができます。

 

 

祝賀会のお祝い花金額相場

スタンド花 15,000円

一般的なお取引先様

●●1万円~3万円

  • スタンド花1段
  • シンプルデザインスタンド1段
  • スタンダード胡蝶蘭(三本立ち)

2万円~3万円の胡蝶蘭が良く選ばれます。中でも36~39輪以上の3本立ち33,000円が人気です。

付き合いの深いお取引先様

●●3万円~5万円

  • スタンド花2段
  • デザインスタンド1段
  • 胡蝶蘭(三本立ち)36~39輪以上

3万円台の胡蝶蘭が1番人気。式典がある場合は2段のスタンドも人気です。

友人・知人

●●5,000円~

  • プレミアム・白(十本立ち)
  • プレミアム・白(三十本立ち)
  • 5本立ち胡蝶蘭

知人・友人の場合は5,000円~20,000円が一般的です。ご祝儀でお渡しする場合は、5千~3万円です。


※画像に記載している番号でご注文いただくことも可能です。

ご用途別のお花紹介