開店・開業祝いに最適な日本酒

開店祝い・開業祝いに選ぶべきお酒

開店・開業祝いのお酒といえば日本酒というイメージをお持ちではありませんか?実際開店祝いなどの「お祝い」として贈られるお酒には、日本酒を選ばれる方が多いのが実情です。

なぜ開店祝いに日本酒が多く選ばれるの?

日本では古くから、おめでたい祝い席で日本酒を飲みかわす風習があり、その起源は江戸時代からだと言われています。このことから、開店・開業のお祝いでもお酒を選ぶ際は日本酒を贈ることが一般的とされています。

開店祝いは日本酒でなればいけないの?

もちろん、贈り先様の好みに合わせたお祝いの贈り物にすることが1番です。日本酒でなければマナー違反ということは全くありません。

開店祝いに選ぶべきお酒って?

では開店祝い・開業祝いにはどんなお酒を選んだらいいのでしょうか。開店祝いにお酒を贈る際に気を付けるべきポイントをご説明いたします。

1.安っぽくないお酒

開店祝い・開業祝いで贈る際は、価格の安いものは避けましょう。一般的な取引先で1~3万円程度、仲の良い取引先、大切な取引先で3~5万円程度のお酒を選ぶと良いです。開店祝いのようなお祝い事の際には角樽(つのだる)を贈ることが一般的とされていましたが、今ではそのような形式はあまり気にしない傾向にあります。

2.上質で高級感のある銘柄のお酒

開店祝い・開業祝いのお祝いなので、好みに合わせた上質で高級感のある銘柄をおすすめしております。デザインや梱包にもこだわり、普段とは違うお酒を贈ると印象に残ります。

3.デザイン性の高いお酒

近年、味、デザインにこだわった様々な日本酒が出ています。中でもHABOTANがおすすめするのがボトルデザインにもこだわったHINEMOSのいうブランド。「時間帯によってその時間を最高な瞬間に変えるお酒は違う」という考えから、お酒を飲む時間によって種類が分かれているのが特徴です。コンセプトもデザインもとってもオシャレで人気のお酒です。

美容院・アパレル等、デザイン関係に携わる業種の開店祝い・開業祝いプレゼントにおすすめです。身近な方への開店・開業祝いではボトルの名入れサービスも定番化しており、オリジナル性のあるものが人気の傾向です。

4.男女問わず親しみやすい飲み口のお酒

日本酒にはたくさんの銘柄、飲み口があります。あまり日本酒を飲まない方ももちろんいらっしゃるので、癖のあるものは選びません。開店祝いでは、好みを問わないスッキリとした飲み口の日本酒が人気です。

5.本当に美味しいお酒

日本酒がお好きな方はお酒に詳しい方が多く、デザイン性やギフト性ではなく、本当に美味しいものを好む方ももちろんいらっしゃいます。見た目や華麗さ、ではなく味重視の方におすすめしているのが大石酒造の日本酒です。必ず喜ばれる開店祝いのお酒ギフトとして自信を持っておすすめいたします。

大石酒造とは?

丹波の気候風土と自然環境豊かな田園都市、亀岡で元禄年間(江戸時代)に創業した酒造。毎年、秋から春にかけてベテランの丹波杜氏達による伝統的な生酛仕込み、寒仕込を創業以来約300年に渡り、続けています。

京都で300年の歴史を持つ老舗の味は大のお酒好きも唸らせるHABOTANおすすめのお酒です。

お酒を贈る時のルールやマナー

開店・開業祝いにお酒を贈る時のマナーやポイントをまとめました。

1.本数に決まりはあるの?

二本縛り(二本括り)のしきたりから、お祝いのお酒は、偶数で贈ることが一般的とされていましたが、今は本数を気にしてお酒を贈る時代ではなくなってきました。何本で送っても失礼にはあたりません。しかし、4と9の数字は不吉な数とされているため、避けた方が無難です。

2.値段はどのくらいのもを選んだらいいの?

取引先様との関係性で1万円~3万円、3万円~5万円程度のお酒で検討すると良いでしょう。

3.贈るタイミングは?

開店・開業当日はお店の準備で忙しいので、なるべく前日にお届けするようにします。当日手配しなければいけない場合は開店前に、営業時間と重ならないように配慮します。

4.のしをつける

開店・開業祝いの日本酒には、のしを掛けて贈ることがマナーです。角樽やHABOTANの祝樽の場合は必要ありませんが、贈り主が誰かわかるようにのしの代わりに立て札をお付けすることが可能です。

贈り方にご不安がある方は贈り物のプロに一任し、開店・開業祝いのお酒の手配を行うことをおすすめいたします。

 

厳選された日本酒セット

  • 創業元禄年間(江戸時代)から受け継がれる技術で機械にたよらず、技を生かした手作りの日本酒セット。大吟醸原酒、大吟醸、吟醸、梅酒、生貯蔵酒の5種

 

  • ワイン好きにも喜ばれる新しい種類の日本酒HINEMOSと古くから伝わる技を受け継いで作られた大石酒造の大吟醸原酒セット。

 

 

日本酒以外で贈る場合

日本酒以外のお酒を開店・開業祝いに贈りたい場合、焼酎、梅酒リキュールと人気の高い品種で且つ、高級感のあるものがおすすめです。お酒の贈り物としてプロがセレクトした日本酒以外の祝酒セットをご紹介いたします。

法人向けにご用意したお酒なので、高級感があり洗練されたお酒のセットです。梱包もオリジナルで細部までこだわって作りました。お酒にのしをつけて贈る、という従来のプレゼントとは異なり、華麗な祝い樽に梱包し、お酒を贈ります。開店・開業祝いにもふさわしいでしょう。

IWAIDARU<祝樽>とは

IWAIDARUとはHABOTAN FLOWERオリジナルの祝酒パッケージデザインです。「胡蝶蘭を超える新しい贈り物」をコンセプトに贈り先様の手間にも考慮し、全て頑丈な紙で作られています。紙パッケージはリサイクル性も高く、資源として再利用可能なため環境への配慮もされています。

素敵なパッケージであっても、廃棄の手間を取らせては配慮のない贈り物になりかねません。花と同じ美しさのパッケージを目指し、豪華さを演出する光沢を帯びた金と、エレガントで祝いの空間にアクセントを加えるマットな紅の2つをご用意しています。

 

 

もっと気軽にお酒を贈りたい

取引先以外にも、ご友人・知人の親しい関係の方の開店・開業祝いにお酒を用意するシーンがあります。あまり多きすぎず、開店のお祝い挨拶と一緒に持っていけるような、お酒のプレゼントはどんなものがいいのでしょうか。

友人や知人など身近な方への開店・開業祝いで良く選ばれているお酒4選

  • ビール・・・3,000円~5,000円
    定番のビールのセットは開店・開業祝いの熨斗をつけて贈ります。価格は3,000円~高くても10,000円前後で用意できます。

  • 日本酒・・・3,000円~30,000円
    価格の幅も広い日本酒はお祝いのお酒に良く選ばれます。

 

  • 焼酎・・・3,000円~30,000円
    最近では名入れができる焼酎などがプレゼントに人気です。気軽に贈れるメリットもあり、友人や知人に贈る際には選びやすい贈り物です。取引先や目上の方に贈る焼酎は上質なものを選ぶと良いでしょう。

  • ワイン・シャンパン・・・3,000円~30,000円
    フレンチレストランやイタリアンなどの飲食店の開店・開業祝いにおすすめです。こちらも名入れができるプレゼントとして身近な人への贈り物として人気があります。

開店祝いのお酒にはIWAIDARU

開店・開業祝いに最適な日本酒をご紹介しました。法人向けの祝酒として定番人気の日本酒ですが、焼酎がお好きな方やワインがお好きな方ももちろんいらっしゃいます。好みがわかる場合はその方の好みに合わせたものを選ぶのが一番です。好みがわからない場合は、開店祝い等のお祝い用のセットIWAIDARUをおすすめいたします。

お酒はお祝いの席ではなくてはならない存在です。こういった理由からお酒はプレゼントに多く選ばれ、開店・開業祝いにも喜ばれています。

大切なお取引先への贈り物なので、開店祝いと、取引先様にあったお酒を見つけてくださいね。

 

 

 

ご用途別のお花紹介