開店・開業祝いに最適な日本酒

祝酒といえば日本酒というイメージをお持ちではありませんか?実際お祝いとして贈られるお酒には日本酒を選ばれる方が多いです。日本酒じゃなきゃいけないのか、と疑問に思いますよね。

もちろんそんなことはないのですが、昔から日本ではおめでたい席で日本酒を飲みかわす風習があります。
その起源は江戸時代からだと言われています。

では実際どんな日本酒を選んだらいいのか、ポイントを押さえてご説明いたします。

開店祝い・開業祝いに選ぶべき日本酒

安っぽくないもの

当たり前ではありますが、価格の安いものやコンビニですぐ買えるようなものは避けましょう。一般的な取引先で1~3万円程度、仲の良い取引先、大切な取引先で3~5万円程度の祝酒を選ぶようにしましょう。

上質で高級感のあるもの

種類がたくさんありすぎて何を選んでいいかわからないというデメリットもありますが、色々なものを選んで贈れるメリットがあり日本酒。開業・開店のお祝いには華やかで高級感のあるデザインと、中身にもこだわったものを選びましょう。相手先様の好みに合わせたものでも良いですね。

デザイン性の高いもの

近年、味、デザインにこだわった様々な日本酒が出ています。中でもHABOTANがおすすめするのがボトルデザインにもこだわったHINEMOSのいうブランド。時間帯によってその時間を最高な瞬間に変えるお酒は違うという考えから飲む時間によって種類が分かれています。
美容院・アパレル等、デザイン関係に携わる業種の祝酒におすすめです。

男女問わず親しみやすい飲み口のもの

先述のとおり日本酒にはたくさんの種類、飲み口があります。あまり日本酒を飲まない方も、もちろんいらっしゃるので、辛口や癖のあるものは選びません。フルーティーでスッキリとした飲み口の好みを問わない日本酒が人気です。セットにしてスパークリング

 

ハズさない厳選された日本酒セット

  • 創業元禄年間(江戸時代)から受け継がれる技術で機械にたよらず、技を生かした手作りの日本酒セット。大吟醸原酒、大吟醸、吟醸、梅酒、生貯蔵酒の5種

 

  • ワイン好きにも喜ばれる新しい種類の日本酒HINEMOSと古くから伝わる技を受け継いで作られた大石酒造の大吟醸原酒セット

おすすめ