「豪華」「美しい花言葉」…胡蝶蘭を贈る理由

4月には開店祝いや開業祝い、就任祝いなどおめでたい行事が多く、そんな4月には欠かせない花。胡蝶蘭!新規オープンした店頭で目にしても「あ、綺麗なお祝いの花!」と思う人も多いのではないでしょうか。では、なぜお祝いには胡蝶蘭を贈るのでしょうか? 胡蝶蘭を贈る理由を知っていると、贈り主の思いをしっかり込めることができ、贈られた人も嬉しさひとしおです。胡蝶蘭を贈る祝い事が増える今だからこそ、改めて胡蝶蘭について知っていただければと思います!

 

☆胡蝶蘭を贈る理由1:とにかく豪華

胡蝶蘭は見た目がとても豪華な花です。優雅に曲線を描く茎、華やかな花びら、お店の入口から入った瞬間に目を惹きます。その様子は、まるでたくさんの蝶が待っているよう。まさに「胡蝶蘭」という名前にふさわしい見た目で、ファンも多いものです。

花の色は清潔感のある白や可愛らしさを併せ持つピンクのようなメジャーな色から、さまざまな色の種類があります。贈る相手やお店のイメージに合わせて色を選ぶという人もいます。

3本立ちや5本立ちの鉢植えの形で贈られることが多いですが、本数が増えると豪華さも増していきます。また何十本もの胡蝶蘭を使った球体の巨大な胡蝶蘭「プレミアムハボタン」が贈られることもあり、存在感は圧倒的です。胡蝶蘭は華やかに門出を祝うのにピッタリなのです。

図1

☆胡蝶蘭を贈る理由2:幸福を願う花言葉

胡蝶蘭の花言葉は、「幸福が飛んでくる」。贈る側も贈られる側も幸せを感じられるような花言葉を持っています。まさに新しい出発にふさわしい言葉です。

 

☆胡蝶蘭を贈る理由3:飾るのに適した性質

多くの場合、贈ったお祝いの花は、玄関などの入口やお店のフロアなどの人目につく場所に飾られます。

でも、ここで気を付けておきたいのが、「飾った際に先方に迷惑をかけない花であるか」です。贈るからには先方にプラスの効果をもたらす花にしたいですよね。

その点、胡蝶蘭は花粉が少なく、周囲が気になるほどの香りもないため、「迷惑をかけない」という面では安心だと思われます。

また、胡蝶蘭には花が長持ちしやすいという特徴も。一般的な花の寿命が数日~1週間、長くて数週間であるのに対し、胡蝶蘭は1~2ヶ月間花を楽しむことができます。

これらのことから、胡蝶蘭は飾るのに大変適した花と言ってもいいでしょう。胡蝶蘭を選ぶのには、贈る相手やそこを訪れる人達を思いやるという観点からも適していると考えられます。

KO003	胡蝶蘭	白

KO003 胡蝶蘭 白

 

ここまでたくさん胡蝶蘭の良さについてかいてきましたが、就任祝い移転祝いなどのビジネスシーンの御祝い事には必ずというくらい胡蝶蘭が並びます。せっかく豪華で幸福を願う花言葉であっても並べられてしまっては、他の胡蝶蘭との差が出にくいため、もったいない気がしませんか?

そこで皆様に知っていただきたいのが、同じ胡蝶蘭にも本数の違いだけでなく1輪1輪のサイズなどの違いがあるという事です。その一つの目安が「受賞蘭」であるかどうか。

「受賞蘭」と付けられた胡蝶蘭は他の胡蝶蘭に比べ大輪で、長い間美しい状態が保てるなど、お届け先様に喜んでもらえること間違いないでしょう!

弊社ハボタンフラワーで取り扱っている胡蝶蘭も全て「受賞蘭」です。

3月4月のお祝い事が多くなるこの時期は、お届け先で胡蝶蘭は並べられることが多くあります。その中でも、美しい状態を長く保ち、大輪で豪華な胡蝶蘭を大切な取引先様に送りたい皆様、是非ハボタンカスタマーセンターまでご連絡くださいませ。

side_020

 

 

【法人専門贈り花 HABOTAN flower】

ハボタンフラワー 編集部