お供え花の種類

葬祭に用いられる花には様々な種類があります。宗派や地域によって違いはございますが、花の種類は「献花」「供花」「枕花」「花輪」に分類されます会社職場から贈る場合は「供花」「花輪」が一般的ですが、「花輪」は地域によって用いない場合がございますので注意が必要です。

【献花】
お花を1本ずつ祭壇に捧げる際に用いる花のこと。キリスト教のご葬儀では、
仏式のお焼香の変わりに献花を行います。菊なしアレンジメント 20,000円
【供花】
祭壇を飾るために供える花のこと。祭壇を彩り、式場を華やかにします。また誰でも送ることが出来るので、遠方のため参列ができない方も贈ることができます。
【枕花】
親族や親しかった方が故人の枕元にお供えする花のこと。亡くなってすぐに枕元に飾ります。
【花輪】
式場の外に飾る花のこと。斎場によって飾ることができない場合がございます。