お悔やみ・お供え

お悔み・お供え

初七日までのご多忙な時期はご遺族のお気持ちを考え、手間をかけさせないよう配慮をします。胡蝶蘭アレンジメントであればそのまま飾れるので、余計な手間がかかりません。

四十九日までは基本的には白一色でのアレンジをお勧めいたします。淡いお色や故人が好んだお色をアレンジに加えることも可能です。

白一色でのアレンジをご希望、またはお好みの差し色などがある場合は、注文フォームの備考欄にご記入ください。

 

※斎場などによってはお花のお届けをお断りされてしまう場合がございます。事前に納品先にご確認ください。

過去の納品事例はこちらからご確認いただけます。

供花