当選祝い

 

当選祝いには他の贈り花とは違う法律に関わるルールがあります

選挙当選祝いを贈る際は、様々なルールやマナーを守って送る必要があります。他のお祝いシーンとは異なる固有のルールがあるので慎重に贈り物を選び、タイミングを計りましょう。

お花やお酒であれば、法律上でも制限されることはないため間違いのない贈り物です。当選祝いでは、お花・お酒の贈り物は許可されています。

ただ、お酒の場合は「陣中見舞い」には贈れません。陣中見舞いに贈る場合は、お花をお勧めします。特に大輪の胡蝶蘭は縁起もよく日持ちもするのでお勧めです。

大輪の胡蝶蘭

法人専門の贈り花HABOTANが最良の胡蝶蘭をご手配いたします。贈り方がわからない、タイミングが難しい、サイズ感に不安があるなど、まずはお気軽にカスタマーセンターまでお問い合わせください。

◇お問い合わせ📞0120-056-087

当選祝いを贈る際のルールやマナー5つのポイント

POINT 1

贈り主は個人として手配します。

※贈り主が会社である場合(個人事業主も含む)、寄付とした物品であっても法律違反に当たる場合があります。

POINT 2

当選発表があった1週間以内でお送りすることが一般的です。当選の正式な発表を受けてからお祝いの準備をします。当選前の陣中見舞いには、お花をお勧めいたします。特に胡蝶蘭は一般的です。

※陣中見舞いにお酒はお贈り出来ません。お気を付けください。

POINT 3

当選祝いの相場価格は、2万円~5万円です。5万円以上を超える贈り物は、収支報告書に寄付者の情報を記載する手間が発生する為、5万円以内の贈り物で選ぶと良いでしょう。

POINT 4

贈り物は胡蝶蘭が一般的です。(2万円~5万円)

1万円前後でご用意する場合はアレンジメントフラワーやジュエリーフラワーなどもおすすめしています。

POINT 5

贈り先は「選挙事務所」「常設の事務所」の2択になりますが、選挙事務所は選挙終了後すぐに閉鎖する場合がほとんどなので1週間でお花をお送りしても届かないことがあります。すぐに贈り物の手配ができない場合は、常設の議員事務所にお送りすると良いでしょう。

胡蝶蘭以外のお花を贈りたい方はこちらもご参照ください。


※ご注文には会員登録が必要です。画像に記載している番号でご注文いただくことも可能です。