送別・退職祝い

今までお世話になった上司・同僚へ、感謝の気持ちと今後のご活躍を祈念して贈ります。

お祝いの席で直接お渡しする際には、花束プリザーブドフラワーがお勧めです。プリザーブドフラワーは軽く、持ち運びにも迷惑になりません。

花束は生花にしか演出できない新鮮な雰囲気があり、デザインも自由に選ぶことが出来ます。贈り先様のご趣味に合わせてお選び下さい。過去の納品事例はこちらからご確認いただけます。

また、HABOTANでは、ジュエリーフラワーもおすすめしています。新しいタイプの贈り花で、プリザーブドフラワーと同じく枯れることがありません。

プリザーブドフラワーは生花に特殊な加工を施し、長期保存を可能にした新しい種類の贈り花ですが、ジュエリーフラワーはお花に着色はせず、自然の色のまま乾燥させてクリスタルに密閉したお花です。

送別・退職の際のお祝いは手軽に、その場でお渡しできるものをおすすめしています。

しかし、相手によってどのような花の贈り方が喜ばれるかはわかりません。贈り花のプロが選ぶ、「贈る相手別」の花束をご紹介いらします。

同僚や後輩への送別に贈るお花

比較的気軽に贈れる同僚や後輩へのプレゼント。価格相場は、3,000円~5,000円が一般的とされていますが、同僚とまとめて送る場合などは10,000円の贈り花などが相場でしょう。

おすすめのお花は花束です。複数人からプレゼントする場合はアレンジメントフラワーなどでも見栄えのするものが贈れると思います。HABOTANの花束は送料込み、3,000円の花束を購入しても送料が1,000円かかってしまうと、結果5,000円送料込みの花束と価格は変わらないのに、見栄えに差がある花束になってしまいます。

同僚や後輩への送別祝いの相場は3,000円~5,000円の花束ですが、3,000円の花束は思っているよりも少し花が少なく感じるかもしれません。5,000円以上の花束であれば、立派な花束を贈ることができますのでおすすめです。

5,000円の花束ってどのくらいのボリュームなの?

では、5,000円台でどのくらいの大きさの花束が作れるのでしょうか。納品事例を参考にしてみてください。

上司・目上の方への送別に贈るお花

目上の方が退職する際のお花では、豪華なものを選ばれる方が多いようです。やはり送別や退職のお祝いでは花束が多く選ばれています。花束以外で選ぶ場合はプリザーブドフラワー、ジュエリーフラワーをおすすめしております。

価格相場は10,000円前後です。1万円以上であれば、見栄えの良い花束になります。

通常、所属していた会社の部や課で花束を用意するものですが、特にお世話になった方の場合には個人的に送っても良いでしょう。

花の種類は特に制限はありませんが、目上の方への贈り物の場合には華やかで高級感があるものが望ましいでしょう。

10,000円の花束ってどのくらいのボリュームなの?

では、10,000円でどのくらいの大きさの花束が作れるのか、8,000円~10,000円の花束納品事例を参考にしてみてください。

納品事例の同じようにお作りすることも可能です。その際は注文フォームに納品事例に記載している番号をご記載ください。

例:【HA 001】

もっと豪華な花束を贈りたい!2万円以上の納品事例

お世話になった方への特別な贈り物を贈りたい、相場などは関係なく、喜んでもらえるような見栄えのするプレゼントを贈りたい、という方は20,000円以上の花束もおすすめです。

高価なバラの花束も2万円前後はかかりますので、バラのみの花束ですと2万円~のコストを見ていただきたいです。2万円の花束の納品事例は以下の通りです。

もっと豪華な花束を贈りたい!3万円以上の納品事例

 

 

送別・退職祝いに花束以外のものを贈りたい!

もらって嫌な気分になる方はいない花束ですが、もらっても困る、という方もいらっしゃいます。

花瓶がない、飾り方がわかない、などの理由で特に男性は花束を好まない方もいらっしゃいます。

そんな方にはプリザーブドフラワーであれば花瓶の用意をする必要はなく、枯れることもないので管理も簡単です。手間のかからない「枯れないお花」がおすすめです。

お花以外を贈ってもいいの?

もちろん、どんな形でもお祝いはお祝いです。その他のもでも、相手のことを考えて贈ったプレゼントで喜ばない方はいませんので好みにあったプレゼントを用意できれば良いかと思います。お花は苦手でもお酒は大好き、という方も多くいらっしゃいます。

HABOTANではお酒のギフトもご用意しております。送別会が行われる場合は、持ち帰ることも考えなければいけません。

送るのではなく、送別会等でお渡しする場合はミニサイズのご注文をおすすめいたします。IWAIDARU miniは商品代金とは別途1,800 円の送料がかかりますのでご注意ください。※沖縄県、離島にIWAIDARU、IWAIDARU miniを発送することができませんので、予めご了承ください。

送別会ができない!

新型コロナウィルスの影響で今、送別会を中止にしたり、事前に自粛する傾向です。そのため、お祝いをどう渡したらよいか迷われると思います。

まず、退職祝いをご自宅に郵送・配送することは失礼にあたらないか?と考えると思いますが、決して失礼ではありません。まして、このご時世ですと、一般的となってくるのではないかと思います。

郵送や配送でご自宅にお届けする場合、どのようなタイミングで贈ったらよいのでしょうか。

退職することが決まってから、1~2週間以内に手配しましょう。

または、最終出勤日に花などを用意して手渡すとよいかもしれません。送別会がないケースは増えています。会社で直接渡せるような花束がおすすめです。ご郵送・配送であれば、大きなものでも構いません。

送別・退職祝いの基本的なルールやマナー

退職の決定を確認したら、遅くとも1、2週間以内に贈りましょう。送別会などが行われる場合、花束や大きすぎないプリザーブドフラワージュエリーフラワーをおすすめしています。贈り花の金額の目安は5,000円~30,000円程度です。

定年退職を迎えた場合には「御引退記念」や「祝定年御退職」、自己都合の退職の場合には「御勇退記念」という表書きをするのが一般的です。

花の色や種類に制限はありません。価格にあった贈り花を選ぶと良いでしょう。

※画像に記載している番号でご注文いただくことも可能です。

ご用途別のお花紹介