開店・開業祝い

お取引先様の開店祝いに贈り花は欠かせない存在です。

店頭に飾るのであればスタンド花、店内であればアレンジメントフラワー胡蝶蘭をお勧めいたします。

鉢植えの花は長くそこに根付くという意味を持ち、開店祝いでは非常に喜ばれます。お店のスペースを予めご確認の上、適切な贈り花をお選び下さい。

最近では管理のしやすさ、長持ちする等の理由から観葉植物をお選びになる方も多くいらっしゃいます。

華やかな雰囲気のなかスタートを切っていただけるように、お祝いの気持ちをお花に託してお届けしましょう。過去の納品事例はこちらからご確認いただけます。

デザイン参考

 

開店・開業祝いのマナー

開店・開業祝いには贈る際の基本的なマナーがあります。
ポイントをしっかりおさえて、贈り花を選びましょう。

 

竹を使ったアレンジメントフラワーを選ばない
竹は花が咲かないことから、開店・開業のお祝いには不向きとされています。日本料理店など和テイストの贈り花をしたい時は、他の花と一緒にアレンジされているものを選ぶようにします。

 

 

 

菊を使ったアレンジメントフラワーを選ばない
菊は供花に最も使われているお花です。使用するシーンが異なる為、菊メインの白い入ったアレンジをさけるようにします。お供えを連想しない色や花姿の菊もあります。華やかなアレンジメントフラワーに菊が入っている場合は問題ありません。

 

 

 

スタンド花を贈るときはサイズを確認する
店頭に置くスペースがあるか確認します。人通りの多い場所などては目を引くスタンド花をおすすめしていますが、サイズ選びを間違えると通行の妨げになってしまいます。事前にサイズを確認し、店頭にあったものを選ぶようにしましょう。

 

 

贈るタイミングに注意する

開店前日がベストです。早めに届けてしまうと、開店前に枯れてしまう場合もあります。もちろん、前日に送れず、過ぎてしまうこともあります。過ぎてしまったから贈ってはいけないなどのルールはありませんので、知った段階で手配してください。1か月以上遅れてしまうなどの場合は、スタンド花ではなくアレンジメントフラワーや胡蝶蘭が良いでしょう。開店当日は忙しいから前日がベスト、と言われていますが、当日がNGなわけではありません。そのまま飾れるものであれば当日でも問題はありません。お急ぎの場合はスペース確認の必要がない胡蝶蘭やアレンジメントフラワーがおすすめです。

サイズ参考


※ご注文には会員登録が必要です。画像に記載している番号でご注文いただくことも可能です。