開店・開業祝いに最適なお花

開店祝いを飲食店や美容院、病院、事務所等に送りたいと考えた時、まずどんなお花を選んだら良いか悩みますよね。開店・開業祝いに贈る花にはルールやマナーもあります。マナーを押さえて送ることが送り先様への配慮にもなりますので注意して送りたいですね。

 

デザイン参考

※ご注文には会員登録が必要です。画像に記載している番号でご注文いただくことも可能です。

開店祝い・開業祝いを送る時の手順

① 開店・開業の前日に届くように贈り物を準備する
開店・開業の前日は大変忙しいと思いますので、相手の方がお店にいる時間を確認する必要があります。前日に配送しても問題がないか確認をするとより丁寧です。

② お花を選ぶ

一般的な取引先に送る金額相場は1~3万円と言われています。仲の良い取引先の場合は3万円~5万円程度です。関係性によって検討されると良いでしょう。次に、費用にあったお花を探します。
店頭に飾るスペースがある場合は、スタンド花や胡蝶蘭がおすすめです。店内や事務所内に飾ることが想定される場合は観葉植物、胡蝶蘭がおすすめです。送り先様の業種にもよりますのでその場所にあった最適なお花を選ぶようにします。

  • 送り先が病院の場合・・・胡蝶蘭・観葉植物
  • 送り先が美容院の場合・・・胡蝶蘭・観葉植物
  • 送り先が事務所の場合・・・観葉植物・アレンジメント
  • 送り先が飲食店の場合・・・スタンド花・アレンジメント
  • 送り先がアパレルの場合・・・胡蝶蘭・スタンド花

③ 開店祝い・開業祝いの立て札を注文時に依頼する

開店・開業祝いのお花には立て札をつけます。HABOTANでは立て札・メッセージカードを無料でおつけすることが出来ますので、ご注文フォームにてお申込みください。会社のロゴを添付することもできます。詳しくはこちらをご参照ください。

無料立て札(レイアウト、ご用途、贈り先名、贈り主名はフォームにてご依頼いただけます。)

無料メッセージカード

 

開店・開業祝いに贈るお花の日持ち

胡蝶蘭・スタンド花・アレンジメント、、、等様々は贈り花がありますが、それぞれの目的にあった最適はお花を選ぶにはどれくらい日持ちをするのか把握しておくと良いでしょう。

  • スタンド花・・・1週間前後。梅雨や暑い時期は3 ~4日で枯れてしまう場合もあります。
  • 胡蝶蘭・・・室内で管理した場合、1か月程度です。適切に管理を行えば、3か月以上花が咲いていることもあるようです。強く根付くことからも胡蝶蘭は開店祝いの花に選ばれるとこが多いです。
  • アレンジメント・・・1週間前後。梅雨や暑い時期は3 ~4日で枯れてしまう場合もあります。
  • 花束・・・1週間前後。ラッピングのままにしておくとすぐに枯れてしまうのでフラワーベース等に移し替えることが前提です。
  • 観葉植物・・・適切な管理を行えば、枯れることはありません。種類によっては根が張ってしまうので植え替え等が必要です。
  • プリザーブドフラワー・・・水分を抜いた加工花なので、枯れることはありません。