開店・開業祝いに最適な胡蝶蘭

開店・開業祝いに定番人気である胡蝶蘭。気品があり、高級感があり、さらに贈られた側(贈り先様)が管理しやすいとう点から定番の人気を誇ります。胡蝶蘭の花言葉は「幸福が飛んでくる」です。開店祝いに最適なお花ですよね。贈り花の代表である胡蝶蘭ですが、贈る際の注意点やマナーがあります。常識的なことも含まれますが、しっかりおさえてから贈るようにしましょう。

胡蝶蘭の種類

開店・開業祝いにおすすめの胡蝶蘭の種類一覧です。

 

 

胡蝶蘭を贈る時のマナー

取引先様にあったサイズを選ぶ

胡蝶蘭は開店してすぐに置いて飾るお花なので、お店にあったサイズのものを選びます。例えば自宅サロンの開業だったとします。場所が自宅であることを考えると大きすぎるものはNGです。この場合は玄関先に飾れる3本立ちサイズの胡蝶蘭がおすすめです。

費用を決める

サイズが決まれば必然とかかる費用がわかります。胡蝶蘭は大体2万円~3万円が平均相場です。取引先に贈る場合の贈り物全般の価格と同額ですね。3本立ちか5本立ちで、サイズを選ぶと良いでしょう。もっと大きいものだと、ミディサイズ・プレミアム等があります。

色を決める

開店・開業祝いの胡蝶蘭の色はほとんどの場合、白・ピンク花です。赤リップもありますが、白色を選ぶことが多いようです。開店・白花に化粧を施した「化粧蘭」というものもあります。化粧蘭とは、花を傷めない専用のパウダーを用いて、1本1本手作業で花びらにアートを施した胡蝶蘭です。目を引きたい、差別化したい、といった要望がある場合は化粧蘭は可愛くおすすめです。


※ご注文には会員登録が必要です。画像に記載している番号でご注文いただくことも可能です。