開院祝い

開店祝い同様開院祝いにもお花・観葉植物が人気です。お取引先様の開院祝いには心のこもった贈り物をしたいですよね。マナーを配慮した最適な贈り花を贈りましょう。

デザイン参考

開院祝いを贈る前に知っておきたいマナー

贈る前に、どの程度のスペースがあるか確認します。開店開業のお祝いに共通するマナーですが、大きなクリニックであればスタンド花が映えますが、小さなクリニックの場合は邪魔になってしまうこともあるので、胡蝶蘭やアレンジメントフラワーを選びます。

院内で飾る場合は観葉植物もおすすめです。清潔感が重視されるクリニック内では花の色も悩みますよね。観葉植物であれば清潔感もあり、色選びで悩む必要はありません。

贈るタイミング

開院前日が良いでしょう。前日の配送が間に合わない場合、大体1か月以内に送るように手配します。早めに準備できる場合でも、あまり早すぎると開院当日に枯れてしまうことがあります。早めの配送はさけるようにし、前日に届くよう手配してください。状況によって早めの配送しかできない場合は、枯れないものを選びます。観葉植物やプリザーブドフラワーがおすすめです。

 

開院祝いのおすすめ

クリニックや病院では香りの強いものは避けたほうが無難です。ジュエリーフラワーは密封されており手入れも不要で香りがないため、大変おすすめです。

定番人気は、白胡蝶蘭です。色に悩むケースがあるので、白が定番の人気になってるようですが、クリニックによってあう色を選んでいただいても問題はありません。

アレンジメントフラワーやスタンドの場合も白が人気ですが、小児科はビタミンカラー、産婦人科はピンクカラーにするなど、種類やお色も自由に選択できます。

鉢植え、アレンジメントフラワーであれば院内のカウンターなどに、スタンドであれば店頭に置きます。高さのあるアレンジメントフラワーは床置きでもキレイに飾っていただけます。

 


※ご注文には会員登録が必要です。画像に記載している番号でご注文いただくことも可能です。