飲食店の開店祝い

 

知人・友人・取引先等の飲食店の新規OPENを聞いたら、まずお祝いを準備しますよね。飲食店の場合はどんなお花を贈ったらいいのでしょうか。飲食店OPENの際の最適なお花と送る際のマナーを確認して喜ばれる最適なお花を贈りましょう。一般的な取引先に送る金額相場は1~3万円、重要な取引先の場合は3万円~5万円以上です。関係性によって検討されると良いでしょう。

デザイン参考

※ご注文には会員登録が必要です。画像に記載している番号でご注文いただくことも可能です。

おすすめのシーン別贈り花の種類

飲食店OPENを華やかに見せたい、店頭に置いてもらいたい時

スタンド花がおすすめです。店頭にスタンド花が置いてあると、通行する人にも目につきやすいですよね。NEWOPENしたお店がある、と認知してもらいやすいので、PRにもなることから相手先様も喜んでくれます。立て札をたてることもできるのでより華やかにOPENをアピールできます。
デメリットは大きさです。スタンド花は 縦180cm前後 × 横100cm 前後× 幅50cm前後のものが多く、これより大きくなる場合もあります。店頭にスペースがない場合や邪魔になってしまうこともあるので、贈る際はスペースがあるか事前に確認を取りましょう。

 

店頭にスペースがあるかわからない、確認できない時

胡蝶蘭、アレンジメントがおすすめです。鉢植えのお花は、長くそこに根付いてほしいというメッセージを持っているとこから、開店祝いに最適です。もちろん飲食店の開店祝いにも喜ばれるので、小さいお店や店頭にスペースがない場合などにも向いています。事前に確認できない時や急遽のことで確認できる余裕がない時などにも対応しやすい贈り花です。

 

直接手渡しでお祝いしたい時

「送る」のではなく直接会ってお祝いがしたい時は、花束がおすすめです。忙しい中時間を作って直接お祝いに足を運んでくれることは相手先様も大変嬉しいことです。持ち運びしやすい大きさのものからゴージャスでインパクトのあるものまで種類も様々です。

 

飲食店の開店祝いで注意が必要なお花

昨今大変人気のあるドライフラワー。贈る相手やお店の雰囲気によっては大変喜ばれるお花ですが、枯れている花を贈る、ということに良くない印象を持つ方もいらっしゃいます。

最近ではあまり気にされる方もいないようですが、相手先様によっては良く思われないケースもあるので飲食店の開店祝いに限らず、お祝いで贈る際は注意しましょう。快気祝いやお見舞いの際はドライフラワーはNGとされています。

管理の手間がない点ではプリザーブドフラワーがおすすめです。プリザーブドフラワーは枯れたお花ではありません。プリザーブドフラワーは生花に特殊な加工を施し、長期保存を可能にした新しい種類の贈り花です。

繁栄や成功などのメッセージ性を持ったプリザーブドフラワーもあり、メッセージ性もそなえた最適な贈り花です。

商品:右肩上がり無限大ブルー
サイズ:H17×W30×D10
扇型の花器を使用し、「末広がり」をイメージ。
未来への展望が拓け、無限に広がる青空で右肩上がりに繁栄を願う気持ちを表現しました。

【プリザ09】
44,000円
(税込)