【華やかな雰囲気の創出!イベントや楽屋に贈るのにふさわしい花】

舞台、演劇、コンサートなど晴れの舞台には花を贈ってお祝いをしたいものです。そこで、イベントや楽屋に花を贈る時のポイントについて説明をしていきます。

 

 

☆晴れ舞台の日に贈りたい!会場を華やかにする色鮮やかな花

開店や祝賀会などのめでたい日の贈り物として、まず思い浮かぶのがスタンド花です。これはイベントの時でも一緒です。見栄えのする色鮮やかな花が会場に並んでいると、会場も華やいできます。色々な種類があるので、会場の雰囲気にあったものを選べばよいでしょう。

また、プリザードフラワーも祝い事に贈る花の定番です。プリザードフラワーとは生花の水分を抜いて加工したもので、生花よりずっと長持ちし、造花よりも本物の花の感触に近いのが特徴です。長期保存が可能ため、個人への贈り物としても喜ばれます。

さらに、セレモニーがあるのであれば、場を盛り上げる演出として花束を贈ってみてはいかかがでしょうか?晴れ舞台で大きな花束を受け取れば、当事者にとっては感慨もひとしおのはずです。

 

 

サイバーエージェント 3万円⑦

 

 

☆楽屋に花を贈るならお祝いの気持ちを形にできるアレンジメントフラワー

楽屋に贈る花は会場に並べられている花と比べて、より個人への応援の気持ちが強いものとなります。イベント出演者はその花を見て緊張をほぐしたり、勇気づけられたりするものです。その際に大切なのはオリジナリティです。他の花にはない工夫があると、贈られた方はより一層の喜びを感じるでしょう。

そこでおすすめなのが、アレンジメントフラワーです。さまざまな花を組み合わして創り上げられた自然のアートは、バリエーション豊かで、自分だけのアレンジが可能です。お祝いの気持ちを花で表現すれば、最高の贈り物になります。

■華やかな雰囲気の創出!イベントや楽屋に贈るのにふさわしい花

アレンジメントフラワー01

 

☆祝い事の定番と言えば胡蝶蘭

スタンド花、プリザードフラワー、花束、アレンジメントフラワーと複数の花を組み合わせた華やかな贈り物もよいですが、何かひとつの花を選ぶとすれば胡蝶蘭がおすすめです。古くからお祝いの花として親しまれているこの花は、『幸福が飛んでくる』という花ことばで知られています。その由来は、蝶が舞っているような優美な花の形からきています。祝い事で贈るにはうってつけの花です。

花束や切り花だと数日から数週間で花が萎れてしまいますが、胡蝶蘭は環境条件がよければ2カ月前後も花を楽しむことできます。しかも、花粉や香りが少ないので贈られた方も場所選びに苦労しなくてすむのが、贈り物として広く親しまれている理由です。

ハボタンでは公演祝いの花や楽屋花も幅広く取りそろえています。まずはお気軽にご相談ください。

 

 

 

 

 

【法人専門贈り花 HABOTAN flower】

ハボタンフラワー 編集部