【要チェック!設立、周年記念に贈るフラワーギフトのマナー】

会社の設立や、周年イベントなどお祝いの席にはお花がつきものです。豪華なフラワーギフトでお祝いの気持ちを表すのはもちろんですが、送り先に本当に喜んでもらうためにはマナーも重要です。ここでは大事なお付き合いのある会社に失礼のない、フラワーギフトを送るためのポイントを紹介します。

 

 

☆フラワーギフトを贈る時期について

設立、周年祝いの式典やイベントがある場合は、開催前日までにフラワーギフトが届くように手配します。土日や祝日を挟む際は、業者の休みも考え早めの手配が必要です。

式典がない場合でも1周年、3周年、5周年など縁起のいいとされる吉数の年に送るのが一般的です。しかし会社によっては、数字などは気にせず毎年お祝いする企業も増えていますので、事前に情報を集めて対応を決めましょう。

法人専門のフラワーショップ、ハボタンでは全国で唯一1時間ごとに配送時間を指定できます。特に記念式典などがある場合は、先方の都合のいい時間にぴったり合わせて贈れますので、大変喜ばれます。

喜田研 スタンド3万

 

☆フラワーギフトの種類について

設立、周年祝いのフラワーギフトの場合、「幸福が飛んでくる」という胡蝶蘭の花言葉にちなんで白い胡蝶蘭を送るのが定番になっています。その場合企業が地域に根付くようにという思いを込めて鉢植えであることがよしとされます。

最近では個性を出すためにと、葉牡丹をアレンジしたものを選ぶ方も。花言葉が「祝福」「利益」であることからも注目を集めているフラワーギフトです。たくさん送られてくるお祝いの花の中で少しでも違う演出をしたい場合に選ぶといいでしょう。

また、会場を華やかに演出してくれるスタンド花も人気で、送り先企業のコーポレートカラーや、雰囲気に合わせた花を贈りたい場合に最適です。女性の多い企業であればピンクをメインにしたものや、黄色と白の企業カラーであればそれと同じ色の花をアレンジするなど、自由にイメージを作ることができます。

 

アートプレスト① 3万円

☆フラワーギフトに添える立て札について

胡蝶蘭などのフラワーギフトの場合、通常、贈り主の名前を書いた立て札を付けます。「御祝設立○周年」などのお祝いの言葉を添えたものが一般的で、花と一緒に注文することが可能です。一目で誰からの贈り物かわかってもらうためにも立て札は重要なものとされており、数字や会社名など相違がないよう確認が必要と言えるでしょう。ハボタンでは納品前に画像で誤字がないか確認ができる上、立て札に会社のロゴマークを無料にて入れられるサービスも行っていますので、おすすめです。他にもマナーについて心配な点があれば、きめ細やかな対応が評判のカスタマーセンターを利用すると良いでしょう。

 

 

キャプチャ - コピー

 

 

 

【法人専門贈り花 HABOTAN flower】

ハボタンフラワー 編集部