スタンド花を贈る際の注意点とは?気を付けるポイントを解説!

スタンド花を贈る際の注意点について、詳しいポイントを紹介していくので、参考にしてみてください。

 

 

事前に予算を把握しておく

 

お祝いの気持ちを表現するために、開店・移転祝いに贈るスタンド花ですが、意外と高額になることもあるので、事前に予算を把握しておき、相場がどれくらいなのか理解しておくことが大切です。

 

いざスタンド花を贈ろうと考えていた時に、想像以上に予算がかかってしまうと、スタンド花を贈ることさえ出来なくなる可能性があります。

 

基本料金としては、スタンド花1段で15,000円~、2段で20,000円~かかるのが一般的です。

 

また、デザイン性の高いアイアンスタンド、コーンスタンドは20,000円から、花の量を増やすことやバルーンをミックスさせるなど、他のスタンド花と差をつけることを行うと、30,000円~お送りすることが可能です。

 

店舗やアレンジの種類によって、発生する料金は異なるので、スタンド花のアレンジを行う前に、金額を確認しておくことが大切です。

コーンスタンド

黒デザインスタンド

白アイアンスタンド

 

スタンド花を贈る日取りは計画的に行う

 

開店・移転祝いにスタンド花を贈ると決めても、スタンド花の種類によっては、設置に時間がかかってしまい、店舗のオープンまで間に合わせることができない可能性があります。

 

そのため、事前に日取りを確認しておき、いつまでに贈るのか、計画的に行動することが大切です。遅くなってしまっても、お祝いの気持ちが伝わるのでいいのですが、飾る場所やタイミングが失われるので、邪魔になってしまう恐れがあります。

 

またスタンド花は、生花を利用して装飾していくため、早めに渡しても枯れてしまう危険性もあるでしょう。基本的に、スタンド花の寿命は7日と言われているので、渡すタイミングを間違えると、オープンまで綺麗な状態のスタンド花が維持できない可能性があります。

 

遅すぎず、早すぎず、丁度いいタイミングでスタンド花を贈ることが大切なので、日取りは計画的に決めていくことが重要です。

 

初めての方でも安心 お届けまで完全サポート

 

スタンド花を回収する手配もしておく

 

スタンド花はもらうと嬉しいものですが、7日間ほど経つと枯れてしまうため、最終的に邪魔になってしまう恐れがあります。スタンド花はお客様に渡す店舗もありますが、基本的には花が余ってしまうのが特徴です。

 

そのため、スタンド花を回収する業者を事前に手配しておくことも、スタンド花を贈る際に行っておくことが相手への気配りとして大切になります。

 

スタンド花は贈るだけでも問題ありませんが、回収業者まで手配しておけば、相手に迷惑もかからないので、気配りが行き届いたお祝いとして感謝されるでしょう。

 

他にもお客様に渡すための、お持ち帰り用の包装紙を手配しておくことも、相手への気配りとして喜ばれます。

 

スタンド花は縁起のいい物であるため、お客様に渡すことで、お祝いの気持ちをお裾分けできるとして喜ばれるものです。

 

サービス業などでは、お客様への気配りが重要視されるので、スタンド花を手配すると同時に、お持ち帰り用の包装紙を手配しておくといいでしょう。

 

 

 

まとめ

 

スタンド花は開店・移転祝いとして喜ばれる品物ですが、手配する前に注意点を把握しておくことが大切です。予算については、色々と調整することができますが、設置スペースなどは、店舗の規模によって大きく変わるので、事前に把握しておく必要があります。

 

他にも、手配する日取りについても、遅すぎず、早すぎずを心掛けることが重要なので、計画的に行動しないと大変です。

 

相手に失礼のないように、スタンド花を贈ることが大切なので、しっかりポイントを押さえてスタンド花を贈りましょう。

◇お問い合わせ📞0120-056-0870120-056-087

 

↓↓↓スタンド花のフォトギャラリーページはこちら↓↓↓

 

 

 

【法人専門贈り花 HABOTAN flower】

ハボタンフラワー 編集部