プロ直伝!プリザーブドフラワーを長持ちさせる保存方法

生花の色彩と変わらない魅力を持っているプリザーブドフラワーは、基本的に長持ちさせることができる加工が施されているため、長期的な保存ができるのが特徴になります。

ただ保存方法次第では、早く劣化してしまう恐れがあるので、事前に長持ちさせる保存方法を把握しておくといいでしょう。

どんな方法で、プリザーブドフラワーを長持ちさせるのか、保存方法について紹介していきます。

 

ハボタンオフィシャルコラム

 

プリザーブドフラワーの保存期間

生花に特殊な加工を施すことで、枯れることなく飾ることができるプリザーブドフラワーは、水やりの必要もないのも特徴になります。

また花粉や香りがないことから、部屋の中に生花を飾ることに抵抗がある方にも人気があるも魅力と言われているのです。

そんなプリザーブドフラワーの保存期間はどれくらいなのでしょうか。ヨーロッパでは、湿気が少ないことから5年~10年は飾り続けることが出来ると言われています。ただ環境によっては、もう少し早く枯れることもあるので、あくまでも目安と考えておくといいでしょう。

また日本の場合は、湿気が多い季節もあることから、5年よりも綺麗な状態を維持できない可能性があります。

少しでもプリザーブドフラワーを綺麗な状態で飾っておきたいのであれば、長持ちさせる保存方法を理解して、実践することが大切でしょう。保存方法次第では、長年飾っておくことができるので、工夫を施してみるといいかもしれません。

 

プリザーブドフラワーを長持ちさせる保存方法

基本的に長持ちすることができるプリザーブドフラワーですが、湿気や温度の変化によっては、劣化が進んでしまう可能性があるでしょう。そのためには、どのような方法で保存した方がいいのか、長持ちさせる保存方法について紹介していきます。

1.高温多湿を避ける

プリザーブドフラワーは、生花に特殊な加工を施していることから、何も影響しなければ、枯れることなく長持ちさせることができます。

ただプリザーブドフラワーは、意外とデリケートであることから、湿気や高温といった変化に弱い性質を持っていると言われているのです。そのため、高温多湿の場所に置いてしまうと、花びらの透明化や液だれ、ひび割れといったトラブルの原因になります。

プリザーブドフラワーを長持ちさせたいのであれば、高温多湿を避けることが、長持ちさせる方法として必要な対処になるでしょう。目安としては、温度が18度~25度、湿度は30%~50%の環境が望ましいと言われています。

特に温度や湿気の上昇が懸念される夏場の日中では、クーラーや空調が行き届いた環境で、プリザーブドフラワーを保存しておくことが、長持ちさせる方法となるでしょう

2.直射日光を避ける

プリザーブドフラワーは、日光による強い光にも弱いと言われています。強い光がプリザーブドフラワーに当たってしまうと、色褪せの原因になる恐れがあるので、日頃から日光による影響は心配すると長持ちのきっかけになるでしょう。

保存方法としては、直射日光が当たらない、風通しのいい涼しい場所に置くことで、長持ちさせることができるかもしれません。

またスポットライトの強い光についても、色褪せの原因になることがあるので、保存には十分注意する必要があるでしょう。

 

プリザーブドフラワーのトラブル対処法

プリザーブドフラワーは、意外と繊細な特徴を持っているため、飾っている間にトラブルが発生する恐れがあるでしょう。どのようなトラブルが発生するのか、対処法と一緒に紹介していきます。

1.ホコリがついた場合

長く飾っていると、プリザーブドフラワーにはホコリがついてしまうことがあるでしょう。そんな時に強引にプリザーブドフラワーからホコリを取ってしまうと、傷つけてしまうかもしれません。

どうしてもホコリを除去したい時は、毛先の柔らかい筆タイプのブラシなどで取り払うようにすると、傷つけることなく、ホコリを除去できるでしょう。またドライヤーの弱冷風で埃を吹き飛ばす方法もあります。

2.花びらが透明になった場合

湿気の影響で、プリザーブドフラワーは、花びらが透明になってしまうことがあるでしょう。そういった時は、プリザーブドフラワーを狭い空間に移動させて、シリカゲルなどの乾燥剤と一緒に数日間置いておくと、症状が改善するかもしれません。

3.衣服やカーテンに色移りした場合

プリザーブドフラワーに利用されている着色液が、衣服やカーテンに移ってしまうことがあります。一度付着すると、落ちにくいことから、付いてしまった場合は速やかにティッシュで拭き取ることを意識してみましょう。

拭きとっても取れない場合は、クリーニングで落とすことも検討してみてください。

 

まとめ

プリザーブドフラワーは、長期的な保存が可能な花ですが、高温多湿に弱く、直射日光についても避けることが重要になります。大切な花を守るためにも、置き場所や部屋の環境は、しっかり整えてあげることが重要になるでしょう。

いつまでも綺麗な状態を維持させるためにも、高温多湿を避けてあげてください。

 

◇お問い合わせ📞0120-056-0870120-056-087

 

 

【法人専門贈り花 HABOTAN flower】

ハボタンフラワー 編集部