人気のプリザーブドフラワーの選び方

贈り物としてお花は大変人気ですが、生きているため取り扱いにとても気を使ってしまうのも事実です。そんな時にお花の中でも比較的取り扱いやすいのが、プリザーブドフラワーです。

プリザーブドフラワーを大切な人に贈る場合、どのような選び方を検討するのが望ましいのでしょうか。

今回は、人気のプリザーブドフラワーの選び方について、詳しい内容を紹介していきます。

プリザーブドフラワーとは?

そもそも、プリザーブドフラワーとは、生花を特殊な液体に浸し、水分を抜いた加工花のことを指しています。ドライフラワーとは異なり、生花に近い手触りであることから、本物の花に近い触感が実現されているのが特徴です。

また生花に特殊な加工を施していることから、長期保存を可能として贈り花であるため、長い間大切にしてもらうことができます。色彩豊かで種類が豊富なので、相手の好みに合わせて種類を選択することができるのもポイントです。

長期保存するためには、水を与える必要もなく、室温や湿度に注意していれば、数年は綺麗な状態を維持することができると言われています。

生花では花粉が心配な場合や、長期的に大切にしてもらう贈り物として検討するのであれば、プリザーブドフラワーは選択してみてはいかがでしょうか。

 

贈るシーンで種類の選び方を考える

贈り物として人気が高いプリザーブドフラワーですが、色彩豊かで花の種類も様々であることから、選び方がわからないという方も多いでしょう。そんな時は、贈るシーンに合わせて種類を検討してみてはいかがでしょうか。

贈るシーンとしては、誕生日・結婚祝い・還暦・喜寿・米寿、企業間では移転・開店・就任などの祝いの際やオフィスの受付花などが考えられます。また贈る相手によっても、種類の選び方を検討するのも一つの手です。

基本的には、プリザーブドフラワーを贈る相手の好みに合わせて選ぶのが重要ですが、結婚祝いの場合はロマンティックな雰囲気が演出されたバラやカーネーションのプリザーブドフラワーなど、雰囲気にマッチした種類を選ぶのもいいかもしれません。

還暦のお祝いには、赤いバラをあしらったプリザーブドフラワーなど、お祝いの内容に合わせてプリザーブドフラワーのアレンジを検討してみましょう。

プリザーブドフラワー

カラーで選び方を考える

贈り物に、プリザーブドフラワーを検討しているのであれば、相手の好みやイメージに合わせたカラーで選び方を考えるのもいいでしょう。

プリザーブドフラワーの魅力は、色彩豊かな表現がされているところなので、カラーを意識して種類を選んであげると、相手も嬉しい気持ちになるはずです。

また花の色は、色彩効果や心理効果を与えることもあるので、贈り物を渡すことで、どういった気持ちになって欲しいのか、考えてみるのもいいかもしれません。

例えば、贈り物としてプリザーブドフラワーを渡すことで、気持ちが安らいでほしいのであれば、ピンク系のアレンジをするといいでしょう。

他にも、元気を出してほしい時にはイエロー系のアレンジをするなど、目的や状況に合わせて、プリザーブドフラワーのカラーを検討してみてください。

 

メッセージカードを利用することも可能です。

 

まとめ

今では生花と同じように、人気が高いプリザーブドフラワーですが、選び方に悩んだ場合は、相手の好みやシーンに合わせて、種類を選択する方法を検討してみてください。

プリザーブドフラワーは、カラーが豊富にあり、相手の好みに合わせて花の種類を変えることができるので、事前に好みを調査しておくといいかもしれません。

 

◇お問い合わせ📞0120-056-0870120-056-087

 

 

【法人専門贈り花 HABOTAN flower】

ハボタンフラワー 編集部