企業の移転祝いを贈りたい!知っておきたい一般常識とおすすめの贈り物

お付き合いのある企業が移転する際に、移転祝いとして、花を贈る企業も少なくないでしょう。移転祝いを贈る際に、相手に失礼のないように、また、喜んでもらえるように、花を選ぶための一般常識と、おすすめのお花をご紹介します。

 

☆移転祝いの一般常識。送るタイミングは?立札は?

 

せっかくのお祝いも、一般常識を踏まえた贈り方をしないと、相手先に迷惑がかかってしまい、送る側としても恥ずかしい思いをしてしまうことがあります。贈り物やお祝いの気持ちが台無しになってしまわないようにするためにも、最低限の一般常識を知っておくと良いでしょう。

お祝いを贈りたいと思ったら、送り先の企業の移転日を確認しておきましょう。正確に移転日がわかっている場合には、移転日当日に送ると良いでしょう。ただし、移転日当日に、先方が忙しくなることが予想されている場合には、当日に送ることはやめて、移転日から一週間以内の、先方の都合が良い日に送ってあげる心遣いも必要です。

また、お花にはお祝いの言葉を載せた立札を立てましょう。立札への文言は、一般的に、「祝移転」「移転祝い」「祝事務所移転」などが使用されています。

 

☆はじめての移転祝い。何を贈れば無難?お祝いの定番とは

 

企業が移転すると、お付き合いのあるさまざまな企業からお祝いが贈られます。お祝いごとの贈り物の定番、お花や植物は、人気の贈り物の一つとなっていますが、特に、華やかさを重視して贈りたい場合には、胡蝶蘭がおすすめです。「幸福の飛来」という意味を持ち、清らかなイメージと上品で華やかな外観を持つ胡蝶蘭は、贈り先の人に幸福を願う意味がこめられた、お祝いギフトに最適な花です。生命力が強い花であるため、長く楽しむこともできます。

また、胡蝶蘭のような華やかさはありませんが、どのような企業の空間にも合わせやすく、管理するのも難しくない観葉植物も、贈り物としての定番の一つです。特に管理が楽なパキラは根強い人気がある贈り物です。そのほかにも、特徴的な外観を持つモンステラや、「幸せの木」という名を持つドラセナも人気の贈り物となっていて、安心して贈ることができる移転祝いの一つと言えるでしょう。

 

14000012

 

☆ホテルやお店の移転祝いにおすすめ!お花の選び方のポイントは?

 

企業の中でも、特に、ホテルや店舗などが新しい土地に移転するといった場合には、新規のお客様や、通りがかりの人の目に止まるように、また、華々しいスタートを切ることができるようにという思いを込めて、華やかなスタンド花がおすすめです。スタンド花は、新たな門出への祝福を表すお花であり、存在だけでも華やかであるため、入口付近に飾られることが多く、華やかである分、インパクトが強くなる場合もありますので、お花を飾る場所全体の雰囲気やコンセプトなどに合わせたお花を選ぶと良いでしょう。たとえば、同じ華やかなイメージで作ったスタンド花でも、ひまわりを中心に黄色くまとめたものもあれば、ダリアやゆりを中心にピンク系で飾ったものもあります。また、ひまわりやバラなどさまざまな花を取り入れることで全体的にさらにカラフルで華やかに作り上げたものもあり、出来上がりはさまざまです。贈り先のイメージに合わせた色やイメージとともに、置き場所の広さなども考慮して選ぶと、喜ばれることでしょう。

ST040

 

【法人専門贈り花 ハボタンフラワー】

HABOTAN flower 編集部