個展や発表会のお祝いに贈りたいお花の選び方

個展や発表会のお祝いにお花を贈りたい場合、適切なお花を選択して渡すことで、相手との関係を良好に保つことができます。しかし、お花の選び方には十分注意しないと、マナー的に問題になる可能性もあるので注意しましょう。

今回は、個展や発表会のお祝いに贈りたいお花の選び方について紹介していくので、参考にしてみてください。

個展のお祝いに贈りたいお花の選び方

作品を紹介する個展では、どのようなことに意識してお花を選ぶことが大切なのでしょうか。個展のお祝いに贈りたいお花の選び方を紹介していきます。

1.小さいギャラリーの場合

小さいギャラリーで個展を開催する場合、お花を置くスペースが十分に確保できない可能性があります。また個展の内容にもよりますが、作品よりも目立ってしまうなどデリケートな部分もあるので、サイズやお花の色を先方に相談できると安心でしょう。

2.大きな画廊やデパートで開催

比較的大きな画廊やデパートで個展を開催する場合、事前にお花の受け取り可否を確認しておくことが大切です。

3.共同展の場合

個人ではなく、複数の方が出展する共同展の場合は、お花に立札を設けることが大切です。誰宛に贈ったお祝いのお花なのか、わかるためにも重要な気遣いになります。

また贈り主の名前を立札に入れておくことも重要なので、共同展の場合は立札の内容にも十分注意しておきましょう。

シックな白系アレンジ 白、グリーン系

AR074

 

発表会のお祝いに贈りたいお花の選び方

発表会などのお祝いにお花を贈る場合、会場によっても何を贈るのが望ましいのか、異なります。発表会のお祝いに贈りたいお花の選び方について紹介していくので、参考にしてみてください。

1.ピアノの発表会の場合

ピアノの発表会など、子供のお祝いにお花を用意する場合は、花束などが好まれます。一緒にメッセージを添えておけば、さらに喜ばれる贈り物とすることができるでしょう。

発表会に花束を渡されれば、一生の思い出とすることができるため、いい記念にもなります。花束にする場合は、サイズは手に持ちやすい物を選択する必要があるでしょう。

ピアノの発表者のドレスの色を事前に知っているのであれば、ドレスに映える花束を用意すれば、写真撮影などにも写真映えすることができます。

2.会場によって花の種類を変える

発表会の会場によっては、お花の種類を検討することが大切です。会場の中には、お花の持ち込み自体が禁止されているところがあるので、事前に持ち込み可否や設置の可否について調べておく必要があります。

大きい会場であれば、スタンド花が好まれますが、設置場所によってはサイズが制限されていることもあるので、スタンド花を贈る時には、会場のルールを理解した上で選ぶことが大切です。

3.サイズ感は注意

発表会のお祝いにお花を選ぶ場合は、サイズ感には十分注意して選ぶ必要があります。発表会の終わりに、直接花束を渡す場合は、大きすぎると持ち運びが不便になってしまうことがあるので注意しましょう。

持ち運びが大変そうであれば、ミニブーケなども検討して、サイズ感を調整することも重要になります。

また会場に贈るスタンド花の場合は、会場の制限を超えない範囲のサイズを選択することが大切です。制限を超えるスタンド花の場合は、設置自体が出来なくなる場合もあります。

スタンド花 スタイリッシュ
エレガント おまかせ
デザインスタンド

【ST222】

 

まとめ

個展や発表会のお祝いにお花を用意する場合は、会場の大きさを把握しておくことが大切です。小さい会場の場合は、スタンド花を置けるスペースが確保されていない可能性があるので、大きいスタンド花を贈っても相手の迷惑になってしまう恐れがあるでしょう。

事前にどれくらいの大きさの会場なのか、お花の種類はどのような好みなのか、聞いておくとお花の準備に手間取ることがないかもしれません。

受け取り可否や制限についても、事前に確認しておき、お祝いの気持ちを伝えるためにも、素敵なお花を用意しておきましょう。

法人専門の花屋の場合、会場の搬入許可などきちんと行うので間違いのないものを贈ることができます。困ったときは、贈り花のプロに相談してみてください。

◇お問い合わせ📞0120-056-0870120-056-087

 

 

【法人専門贈り花 HABOTAN flower】

ハボタンフラワー 編集部