夏のお祝い事にオススメのひまわりアレンジ!

サマーアレンジメントは、夏にもってこいの季節を感じるアレンジメントフラワーです。日本は四季があります。シーズンのお花を贈るのは粋なプレゼントです。夏はお花がとてもダメージを受けやすく、とくにバラ科は気温の変化に弱いですが、ひまわりは夏に強いお花です。夏のイメージを最大限に表現した夏らしいサマーアレンジメントはいかがでしょうか?「楽屋」「オフィス」「ご自宅」に涼しげなお花を是非。

マテリアル 3万円

 

 

 

☆ひまわりがオススメの場面は
ひまわりは「太陽の花」(サンフラワー)と呼ばれ、文字通りひときわ存在感の大きいお花です。「光輝」「情熱」「愛慕」「崇拝」などの花言葉もあり、おめでたい場所に贈ると大変喜ばれます。
ひまわりは、開店祝いのときなどに店頭や会場に飾るスタンド花や、オフィスなどにそのままで飾れるアレンジメントフラワーなどに向いています。送り主様の企業ロゴや広告を立て札に入れることでインパクトが強まり、贈り先様の記憶に残る存在にもなります。また、セレモニーの場で個人に直接渡す場合は花束にするのもいいでしょう。

☆ひまわりのアレンジ方法は
ひまわりを贈るときは、どのようなアレンジにすると良いのでしょうか。ひまわりだけでアレンジしても見栄えがしますし、ほかの小花と組み合わせて草原に咲くひまわりを演出するという方法もあります。贈り先様に喜んでもらえるためにも、送り主様のお祝いの気持ちが伝わるアレンジを心掛けましょう。たとえば、スタンド花を贈るときは、贈り先様のコンセプトに合ったものを意識しながら自由にアレンジすることができます。黄色をメインにしたり、赤系の暖色でまとめたりするほか、黄色×青といった反対色でまとめることで暑い時期に涼しげな印象もだせます。グリーンを放射線状に入れると豪華な仕上がりになるでしょう。
ハボタンフラワーで取り扱うスタンド花には、ひまわりを中心に複数種類のお花とグリーンを組み合わせたものがあります。スタンド花の色味は、ひまわりの黄色を基調にして選ぶほか、ひまわりとバラをメインにして組み合わせる方法なども人気です。メインになるお花の種類が増えると色味も変わってきますので、小花やグリーンとのバランスを考えながらアレンジするといいでしょう。アレンジメントフラワーを贈るときは、店内やオフィスに飾ってもらえることをイメージしてサイズも考えることもポイントです。ひまわりのお花だけでまとめるほか、ひまわりを中心にして複数種類のお花とグリーンを組み合わせることもできます。お花を種類増やしていくと華やかさが増しますね。花束の場合には、ひまわりとユリをメインにするのはどうでしょうか。ひまわりの黄色とユリの白のコラボが大変個性的で豪華な仕上がりになります。

☆ひまわりのお花をお手入れするコツは
ひまわりを飾る際は、小瓶に一輪を活けたり、複数の小瓶に活けたひまわりと小花を組み合わせたりするのもいいでしょう。ひまわりは、ガラスの花瓶、陶器、ブリキ、カゴなど、どの素材の花瓶でも似合いますから楽しみが広がりますね。
ひまわりのお花をお手入れするコツを知っておくことも大切です。ひまわりは茎が腐りやすいため、お水かえはなるべく毎日することが理想的です。容器の水が多すぎると腐る部分も多くなりますので、少なめにすることがポイントになります。お花を贈った後は贈り先様がお手入れをする必要がでてきますので、贈り先様の負担にならないように意識して選ぶようにしましょう。お花選びに迷ったら、ハボタンフラワーへのご相談をオススメします。

 

アディッシュ株式会社 1.5万円