大切な人にプレゼント!4月にお勧めのお花は?

年度が替わり、フレッシュな春の訪れを迎える4月。気候は春らしくぽかぽかとして、新しい出会いに胸が躍る季節の到来です。そして、4月はたくさんの種類のお花を楽しめる時期でもあります。明るい気持ちを運んでくれるこの時期にお勧めのお花をご紹介します。

 

 

☆春らしいパステルカラーのお花

 

春をイメージさせる色といえば、ピンクや黄色、黄緑などのパステルカラー。淡い色には柔らかさと温かさがあり、見る人にふわふわとした可愛らしい印象を与えます。4月を代表する花である桜も淡いピンク色をしていますよね。

そして、何より淡い色合いのお花は主張しすぎないので、飾る場所を選びません。

4月にはパステルカラーの色のお花を贈ると喜ばれることでしょう。

お勧めのお花は、桜、バラ、スイートピー、フリージア。丸い形の花びらは特に柔らかな印象で優しさを感じさせます。

また、花言葉にも注目。桜には優れた美人、純潔、精神美、淡泊。スイートピーには「ほのかな喜び」「優しい思い出」、フリージアには「あどけなさ」「憧れ」という花言葉があります。前向きで明るいイメージの花言葉はまさに春にピッタリです。

花言葉はお花の色によって異なるものがありますので、フラワーショップで相談しながら色合いを決めていくといいですね。

 

HA025	ラウンドタイプの花束 パープル系

 

☆4月の誕生花「アルストロメリア」

誕生石やバースデーカラーのように、お花にも各月の誕生花があります。

4月の誕生花は「アルストロメリア」です。

少し聞き慣れない名前かもしれませんが、個性的な印象の斑点模様の花びらをしたこのお花は花束にもよく使われるため、一度は目にしたことがある方が多いのではないでしょうか。

アルストロメリアの別名は「インカのユリ」、和名は「ユリ水仙」。名前からもわかるようにユリの花によく似ています。

色は赤、ピンク、オレンジ、黄色など明るい色をしていて、まさに4月にお勧めのお花と言えます。

花言葉は「未来への憧れ」「エキゾチック」「持続」。新しいスタートを後押ししてくれるような前向きな花言葉は、春という季節にふさわしいですね。

 

 

arusutoromeria080530-003p

 

☆4月18日は「ガーベラの日」

みなさんは、4月18日は何の日かをご存じですか?この日は「ガーベラの日」と定められています。

ガーベラの出荷が最盛期を迎える4月。「よい花(418)ガーベラ」にちなんで18日がガーベラの日とされたのです。

ガーベラは知名度が高く、気取らない親しみやすい印象のあるお花です。品種は2,000種類ほどあり、贈る人に合わせてさまざまな色や形のお花を選ぶことができます。

ガーベラとして一般的なのは花の直径が8cm以下の小輪~中輪のものですが、中には直径10cmを超える大輪のものもあり、存在感は抜群です。

形もガーベラの代表格である一重咲きの他、花びらがびっしり詰まった八重咲き、それらの中間の半一重咲き、細い花びらのスパイダー咲き、花びらがエレガントにうねったカール咲きがあり、それぞれに違った顔を持っています。

花言葉は「常に前進」「希望」「辛抱強さ」です。

Exif_JPEG_PICTURE

 

 

 

【法人専門贈り花 HABOTAN flower】

ハボタンフラワー 編集部