就任祝い祝いには胡蝶蘭がおすすめ

ビジネスの場面の一つとして、社長や役員に就任した人に対して贈り物をするケースがあります。個人としてではなく、会社として贈り物をする場合は、贈り物の種類等についてマナーに沿って間違いのない対応をしたいものです。

 

☆就任祝いの贈りものは何がいいか?

就任祝いとして最もポピュラーなものは、花を贈ることでしょう。特に、他社の社長や役員クラスの就任祝いとして花を贈る場合は、胡蝶蘭を贈るのがおすすめです。胡蝶蘭は、高級な花として一般的なもので、開店祝いなどでも利用されることがあります。

強いにおいを放つことがなく、どこに置いても場違いにならず品格があることから、お祝いの花として胡蝶蘭は定着しました。また、長持ちする特徴もあり、一か月以上も花をつけ続けることも珍しくありませんので、ある程度の期間飾っておいても見苦しくならない点もお祝いの花としてふさわしいといえます。ビジネスの世界で胡蝶蘭を贈くるのは、無難でありつつも相手にも喜んでもらえる可能性が高いでしょう。

 

 

☆どんな胡蝶蘭を贈るといいか?

就任祝いとして胡蝶蘭を贈る場合に気を付けた方がいいポイントは何でしょう?まずは何色の胡蝶蘭を贈るのがいいかという点についてです。胡蝶蘭には色の種類がありますが、何色を贈らなければいけないという明確なルールはありません。しかし、相手の好み等がよくわからない場合には、無難な白色の胡蝶蘭を贈るのがおすすめです。

また、花の量にも気を配る必要があります。あまり低予算で胡蝶蘭を購入すると、花の数が少なくかえって貧相に見えてしまう可能性があります。そのため、予算を決める際には、見栄えもよく考慮しながら決めることが必要かもしれません。

 

胡蝶蘭02

 

 

【法人専門贈り花 HABOTAN flower】

ハボタンフラワー 編集部