必見!会社関係の式典に贈る花選びのコツ

 

会社の式典には様々な種類の花が飾られていて、式典の華やかさと見栄えをさらに良くする効果があります。もし、あなたが会社関係の式典の贈り物を選ぶ立場になった場合、あわてずに花選びが出来るでしょうか?実は式典の贈り物には、形や種類、タブーなど知っておくと良い様々なことがあるんです。
それでは心配な方には必見!の式典に贈る花の選び方を、色々とお話していきましょう。

 

7aed71c183021e3e704e164148bf2633_s

 

 

会社関係の式典には何を贈ったらいいの?

会社関係の式典で一番多いのは会社設立で、次に多いのが創立記念式典となります。
まず、式典に花を贈る場合は、前もって相手先に贈り物をしてもいいかを尋ね、開催場所の確認をしておくことが大切です。なぜなら、開催場所に置くスペースが無い場合や相手の都合などで、式典会場に送らずに事務所へ直接送って欲しいと、要望される可能性もあるからです。
このような喜ばしい会社関係の式典に贈り物をする場合、よく利用されているのは胡蝶蘭のやスタンド花です。中でも事務所に直接送る場合に相応しい花は、スタンド花よりも胡蝶蘭が好まれます。胡蝶蘭は切り花よりも長く楽しむことが出来、花が散って部屋の中を汚すことが少ないので、事務所で飾っていただく花として好ましいものと言えます。

 

 

 

a3adb1d1d7111e799a66582ef3510373_s

 

 

胡蝶蘭にはどのような種類があるの?

胡蝶蘭には様々な品種があり、花の数や大きさ、色などそれぞれの違いがあります。また、茎の本数や花の大きさによっても値段に違いが出てきます。式典のお祝いで胡蝶蘭を贈る場合は、だいたい3万前後が相場とされています。もっと見栄えの良いものでしたら、3万円以上のものもあるので式典に合わせて選ぶことができます。
胡蝶蘭のデザインでは、花の付いた茎を前方へ垂らしているタイプが一般的ですが、ワイヤーで右肩上がりに流れるように整えられている「ワルツ」と呼ばれるタイプの胡蝶蘭もございます。このように創作されたものは、どの方向からでも縁起の良い右肩上がりの美しい胡蝶蘭を愛でることができると、式典やイベントなどでも喜んでいただけます。
また、最新の技術で白く大きな花弁を持つ胡蝶蘭に、色付きパウダーで美しく文字や絵を描くことが出来る「化粧蘭」というお花もあります。特殊なパウダーを使っていますので、すぐに文字や絵が消えてしまうことはありません。
他のお花とは違った”特別な”胡蝶蘭は、大切な相手先様の印象に強く残って頂くことができるでしょう。

 

 

ST030

 

 

スタンド花にはどのような種類があるの?

式典会場の入り口前や会場内を華やかにしたい場合には、見栄えの良いスタンド花を贈ることをおすすめします。
スタンドには1段または2段仕立てのものがあり、花のボリュームや種類によっても値段に差が出てきます。式典の祝花では、2万円から3万円程度の1段仕立てのシンプルなスタンダードタイプを贈るのが一般的ですが、格式の高い式典の場合には3万円以上の花に2段仕立てや高級感のあるスタンド付きのものが選ばれることもあります。
スタンドや花のデザインは季節や地域によって違ってきますので、予算や会場の規模などを考慮し、贈る相手とも相談して決めた方がよいケースもあります。祝花に贈り先の会社の雰囲気やコンセプト、イメージカラーなどを取り入れれば、きっと相手にも喜んでもらえるでしょう。

 

 

24e61c90e9c45b8ef0265ae2d56acb2f_s

 

 

式典に贈る花は会社の代表として贈る気持ちが大切

もし式典会場に贈る花を選ぶ機会があるならば、会社の代表として選ぶという気持ちを忘れないようにしましょう。個人的な好みだけで、荘厳な式典に派手なリボンやバルーンなどの装飾の付いたものを贈ることは、相手先に失礼にあたる場合があります。
喜んで貰いたくて贈ったはずの祝花のせいで、相手を不快にさせてしまっては意味がありません。どういう式典なのかをきちんと確認して、それに見合ったお花を贈るようにしたいものですね。

 

 

【法人専門贈り花 ハボタンフラワー】

HABOTAN flower 編集部