移転祝いにお祝いの花を贈るタイミングやおすすめの花の種類を紹介!

お得意様の店舗が移転した場合、移転祝いとしてお祝いの花を贈ることがあるでしょう。そんな時にお祝いの花を贈るタイミングや贈る花は、どのような物を選択すればいいのでしょうか。詳しい内容を紹介していくので、参考にしてみてください。

 

 

 

移転祝いに花を贈るタイミング

 

移転祝いで花を贈る場合、贈るタイミングは重要です。どのタイミングでお祝いの花を贈るのがベストなのでしょうか。移転祝いに花を贈るタイミングについて、解説していくので、参考にしてみてください。

 

1.基本的に移転後2週間以内

 

移転祝いに花を贈る場合は、出来るだけ早くに贈ることが大切です。基本的には、移転祝いの花は2週間以内に贈ることがマナーになります。

 

ただ移転したことを知らされていなかった場合や忙しくてお祝いの花の手配が遅れた場合は、1ヶ月以内に贈ることが重要です。

 

2.移転後1ヶ月経った場合

 

移転祝いに花を贈るのは、遅くても1ヶ月以内に贈ることが大切です。時期を逃してしまい、移転してから1ヶ月ほど経った場合は、移転祝いとして贈らない方がいいでしょう。

 

気持ちとしては移転のお祝いとして準備したとしても、そのまま店舗に飾れるフラワーアレンジメントなどを渡して、相手に気を遣わせないようにすることが大切です。

 

移転祝いに花を贈っている場合は、お祝い返しが贈られますが、1ヶ月が経過した際に贈る場合は、相手に気を遣わ

 

せないためにも、高価な花を渡すのは避ける必要があります。

 

3.移転後のオープンに間に合わせる場合

 

移転祝いとして、オープンする前後にお祝いの花を渡す場合は、スタンド花や胡蝶蘭を贈りましょう。お祝いの言葉として立札をつけていると、さらにお祝いの気持ちを相手に伝えることができます。

 

移転後のオープンに間に合わせるようにお祝いの花を渡す場合は、前日か当日にお祝いの花が届くように手配しましょう。

 

ただスタンド花を贈る場合は、設置スペースがあるか、事前に確認しておくことが大切なので、場所を圧迫しないようにサイズを検討することが重要です。

 

またスタンド花は、生花が使用されていることから、時間が経つほど枯れてしまう傾向にあります。そのため、移転後のオープン日よりも早く届けてしまうと、オープンした当初から見映えの悪いスタンド花になってしまう恐れがあるので注意しましょう。

 

想いの贈り物

 

移転祝いにおすすめの花の種類

 

移転祝いに贈られる花は、定番のものがあります。どのような花が移転祝いに向いているのか、いくつか紹介していくので、参考にしてみてください。

 

1.胡蝶蘭

 

移転祝いに贈る花として定番の胡蝶蘭は、移転パーティや移転直後に贈る花として好まれています。花言葉は、「幸運が飛んでくる」であることから、縁起がいい花として選ばれやすいのが特徴です。

 

相場は20,000円~50,000円とサイズなどによって、金額が異なるケースが多いので、適度なサイズの胡蝶蘭を選ぶようにしましょう。

 

2.スタンド花

 

胡蝶蘭と同じように、移転パーティなどに贈る花として、定番になっています。サイズが大きいことから、店外に飾ることが多く、通行人に対しての看板効果が期待できるのが特徴です。

 

サイズや花の種類によって、具体的な相場が異なり、15,000円~50,000円が相場となっています。ただ贈り先に配置スペースがあるか、事前に確認しておくことが重要です。

 

3.アレンジメントフラワー

 

すぐ飾れて店舗の雰囲気を明るくしてくれる効果が期待できます。移転後すぐに渡すことでもお祝いの気持ちを伝えることができますが、少し時間が経ってから贈る方が多い花なのが特徴です。

 

相場は5,000円~20,000円と比較的安価です。

 

4.ブリザーブドフラワー

 

カラーなど選べる種類が豊富で、相手の好みに合わせて選択できるのが特徴です。すぐに飾ることができるので、店舗を明るい雰囲気に演出することができます。

 

生花のように綺麗な印象があり、長く楽しむことが可能です。相場は5,000円~とお気軽に贈ることができます。

 

半永久的に楽しむことができますが、紫外線や水分には十分注意して取り扱うことが重要です。

 

5.花束(ブーケ)

 

訪問した際に、気軽に渡すことができるお祝いの花であるため、幅広い層に人気があります。ただ花瓶が必要になることから、一緒に渡すと喜ばれるかもしれません。

 

相場は5,000円~20,000円と、花の量や種類によって金額が異なるので、相手の好みに合わせて花の組み合わせを検討してみるといいでしょう。

納品事例はこちらからご確認いただけます。

 

まとめ

 

移転祝いとして花を渡す場合は、基本的に2週間以内に渡すことが大切です。しかし、それ以上過ぎたとしても、お祝いの気持ちを示すことが重要なので、遅れてもお贈りして悪いという事はありません。

 

今回は、移転祝いにおすすめの花をいくつか紹介してきたので、予算を検討して、好みの花を選択して贈ってみてください。

 

花のサイズなども贈る前に検討することが大切なので、色々と気遣いながら贈る花を決めていくとよいかもしれません。

 ◇お問い合わせ📞0120-056-0870120-056-087

 

初めての方でも安心 お届けまで完全サポート

 

【法人専門贈り花 HABOTAN flower】

ハボタンフラワー 編集部