絶対に失敗したくない!胡蝶蘭の立札の書き方とは?

お祝いの気持ちを込めて贈ることが多い胡蝶蘭には、立札を設けることがほとんどです。なぜお祝いとして胡蝶蘭を贈る場合、立札が必要なのでしょうか。

今回は、胡蝶蘭の立札の目的と基本的なマナーについて紹介していくので、参考にしてみてください。

 

胡蝶蘭の立札の目的

お祝いに胡蝶蘭を贈る場合、立札を添えるのが基本的に大切なマナーとされています。なぜ立札が必要になるのかというと、贈り先に贈り主が誰であるのか、すぐに見極めてもらうために立札が重要になるからです。

せっかくのお祝いの胡蝶蘭も、誰が贈ったのか、相手が理解していないと意味がありません。確認作業の手間を省くためにも、胡蝶蘭の立札は必要になります。

また胡蝶蘭に立札を設けることで、周辺地域の方や来客の方に、お祝いごとがあったことを知らせるためにも立札は有効的な働きをしてくれるのです。

胡蝶蘭に立札は、お祝いごとの定番であるため、ビジネスマナーを知っている方は立札が設けられていることで、店舗でお祝いが行われていることをすぐに理解することができます。

他にも来客に対して、贈り先の交友関係が広いことをアピールするためにも活用することができるので、胡蝶蘭の立札はお祝いの場には欠かせない存在と言えますね。

胡蝶蘭の立札の基本マナー

広い意味合いがある胡蝶蘭の立札は、胡蝶蘭を贈る時には必要な物であることがわかりましたが、基本的なマナーはどのようなことに注意しないといけないのでしょうか。

次は基本的なマナーや書き方について紹介していくので、参考にしてみてください。

1.木札と紙札の使い分け方法

一般的には大きく分けて2種類用意されています。木製の「木札」と紙製の「紙札」です。

印象が異なるこちらの2種類ですが、用途に応じて使い分けるというよりは、地域に応じてその使用が異なるようです。例えば、木札は『お悔やみ』でしか使用しないなど、地域性によって好まれる種類があるようです。

困ったときは花贈りのプロに相談することをお勧めいたします。

2.立札の書き方

胡蝶蘭の立札の書き方には、基本的なマナーが存在しています。赤字で書く「頭書き」と黒字で書く「贈り先」と「贈り主」があるのが特徴です。事前に間違いがないように確認しておく必要があるでしょう。

またビジネスやフォーマルな相手への贈り物として人気の胡蝶蘭は「縦書き」にすると重厚感が出ます。ただ記入する内容がカタカナやアルファベットであれば、「横書き」にするなど、最適な立札を作成することができる法人の贈り物に特化した花屋に任せると安心でしょう。

・頭書き

表書きは、基本的に赤色で書かれるのが一般的ですが、用途などにあたる『御移転』の部分など、目立たせるためにその部分を青で表記する場合もあります。しかし、こちらも地域性があるので、プロに任せるのが安心です。

・贈り先名と送り主をのせる、『両名記載』や贈り主のみ表記する『贈り主のみ』

本来、立て札は贈り主のみ表記すればよいとさせております。しかし近年、就任祝いなどの場合は、先様も表記する場合が増えてきました。

立て札は、お祝いの気持ちの表れです。そのお気持ちがあれば、どのように表記をしても間違えとは言えないでしょう。立札の表記に悩んだときは、贈り花のプロに相談してみてください。

シーン別の立札の書き方

お祝いのシーンによって、立札の表書きの書き方が異なります。どのような書き方になるのか、シーン別の立札の書き方を解説していきましょう。

・各種お祝い

ビジネスからプライベートまで、お祝いの際に胡蝶蘭を贈る場合は、表書きに「祝」・「御祝」と書きます。表書きの書き方に悩んだ場合には、利用するといいでしょう。

・開業祝い

開業祝いに胡蝶蘭を贈る場合、立札の表書きには「御開業御祝」・「祝御開業」・「祝開業」などと記載することがあります。

・周年祝い

周年祝いに胡蝶蘭を贈る場合、立札の表書きには「祝〇周年」・「周年御祝」・「〇周年御祝」といった記載を行うことがあります。

・就任祝い

就任祝いに胡蝶蘭を贈る場合、立札の表書きには「祝御就任」・「御就任御祝」・「祝就任」などの記載を行うことがあります。

まとめ

お祝いに胡蝶蘭を贈る時は、贈り先などがわかるように、立札を設けることが多いでしょう。その際には、今回紹介した基本的なマナーを把握していれば安心ですね。

立て札の使用は地域性により異なりなす。法人専門の花屋なら、安心して任せることができます。

 

◇お問い合わせ📞0120-056-0870120-056-087

 

 

【法人専門贈り花 HABOTAN flower】

ハボタンフラワー 編集部