胡蝶蘭はどのように送ればいいの?移転祝いに贈る方法を解説!

お世話になっている方の開店・移転祝いに胡蝶蘭を贈る場合、自分で贈る方法がわからない方も多いでしょう。せっかくのお祝いで失敗しないためにも、事前に贈る方法を把握しておくことが大切です。

今回は、開店・移転祝いに胡蝶蘭を贈る方法について解説していくので、参考にしてみてください。

※ハボタンフラワーでは、東京23区は自社便にてお手持ち配送、それ以外のエリアは、受賞蘭を提携農家より宅配便にて配送しております。

東京23区以外のエリアで、お手持ち配送をご希望の方は、弊社協力店でのお調べも可能です。お気軽にカスタマセンターまでご相談くださいませ。

 ◇お問い合わせ📞0120-056-0870120-056-087

納品事例はこちらからご確認いただけます。

胡蝶蘭を贈る場合の包装手段

開店・移転祝いに花を贈る場合は、基本的な包装手段を理解しておくことが大切です。相手にどのような包装で届くのか、イメージしておくことは大切なことでしょう。

胡蝶蘭を贈る場合は、どのような包装手段が考えられるのか、詳しい内容を紹介していきます。

1.箱

胡蝶蘭を贈る際に包装される手段として、箱で包装されることがあります。胡蝶蘭自身が高さのある花であるため、用意する箱も十分な高さであることが大切です。

肝心なのは、胡蝶蘭の鉢が倒れないようにすることで、鉢を固定させる必要があります。鉢を固定させる方法として、鉢の形に切り抜いた段ボールを中に入れ、下に重心を置くことで、胡蝶蘭が転倒することを防止しましょう。

胡蝶蘭はデリケートなおはなです。丁重な配送が大切です。

2.花の包装

胡蝶蘭は、花が大きい特徴を持っていて、どこかに花が触れることで枯れてしまう恐れがあります。配送中に枯れてしまうことを防ぐためにも、胡蝶蘭を配送する際には薄紙や和紙で花を包むのが一般的です。

ただ1つ1つの花に包装されているのではなく、列で包むのが胡蝶蘭の花を包装するやり方になります。

相手に贈る前に、花が枯れてしまったり、花が萎れてしまうことを防ぐためにも、花の包装を行うことは大切です。

3.ラッピング

胡蝶蘭のラッピングは、主に鉢を包むために行われます。ラッピング用の紙を巻いて、鉢に止めるのが一般的な方法です。

胡蝶蘭を運ぶ際の注意点

自分で胡蝶蘭を包装した後は、配送してもらう必要があります。その際に、気を付けないといけない、注意点があるので把握しておきましょう。

梱包内容によっては、配送してもらえない可能性もあるので、注意してください。

1.倒れにくい梱包をしていること

胡蝶蘭は高さがある花であるため、配送の途中で倒れてしまうような梱包をしないことが大切です。また贈る際には、割れ物注意で運んでもらうことを忘れずに対応しましょう。

配送中に、しっかり梱包していないと、せっかくのお祝いの花が傷ついてしまう可能性があるため、梱包には細心の注意を払うことが大切です。

梱包した胡蝶蘭が倒れない・動かないようにするために、台座を固定するようにしましょう。隙間が空いていれば、新聞紙や梱包材を使って、隙間を埋める工夫を行うことも大切です。

2.胡蝶蘭は寒さに注意

胡蝶蘭は寒さに弱い花であるため、寒い季節に贈る場合は注意が必要です。配送を依頼する場合は、寒さに晒されることを想定する必要があるので、状況によっては自分で配送する手段を検討する必要があるかもしれません。

まとめ

開店・移転祝いの花として胡蝶蘭を贈る場合は、包装や注意点には十分気を付けることが大切です。せっかくのお祝いの花が枯れてしまったり、傷ついてしまうと相手もガッカリしてしまいます。

※ハボタンフラワーでは、東京23区は自社便にてお手持ち配送、それ以外のエリアは、受賞蘭を提携農家より宅配便にて配送しております。

東京23区以外のエリアで、お手持ち配送をご希望の方は、弊社協力店でのお調べも可能です。お気軽にカスタマセンターまでご相談くださいませ。

 ◇お問い合わせ📞0120-056-0870120-056-087

納品事例はこちらからご確認いただけます。

 

 

【法人専門贈り花 HABOTAN flower】

ハボタンフラワー 編集部