開店・移転祝いのスタンド花を贈る際のマナーや心遣いについて!

お世話になった方や知人が、店舗を開店・移転する際には、スタンド花を贈ってお祝いする方も多いでしょう。贈られると嬉しいスタンド花ですが、贈る際には注意しないといけないマナーがあります。

 

今回は、開店・移転祝いにスタンド花を贈る際のマナーや心遣いについて、詳しい内容を紹介していくので、参考にしてみてください。

 

スタンド花の大きさについて

 

開店・移転祝いに贈ることが多いスタンド花ですが、基本的に花束などとは異なり、サイズが大きいのが特徴です。

店舗の大きさによって、スタンド花の大きさを検討するとよりよい贈り物となります。

一般的なスタンド花の大きさになると、高さは1.7~1.8m程度、幅は1~1.4m程度になります。大きくて目立つスタンド花は、開店を彩るには最高の贈り物といえます。

 

スタンド花が一番きれいな期間

 

開店・移転祝いの代表であるスタンド花は、生花を切ってオアシスと呼ばれる素材に挿すため、オアシスが水を沢山含んでいます。万が一転倒しても大量の水が流れ出ることはありません。

 

スタンド花が最高に美しい時期は、暑い時期ですと3.4日、比較的気候が穏やかな時期は1週間程度美しさを保つことができます。

 

花そのものにお祝いのメッセージが込められております。

お店の雰囲気にあった美しいスタンド花は最高の贈り物といえるでしょう。

 

 

スタンド花の立札でお祝いの気持ちを表現

 

開店・移転祝いでスタンド花が届けられた場合、店舗や事務所の外にスタンド花を飾るのが一般的です。その際には、立札を設け、届け先の屋号や会社名を記載します。

 

立札を設けることで、通行人にオープンしたての店舗であることを印象付けることができるため、看板としての宣伝効果を期待することが可能です。

 

スタンド花の立札には、お祝いの文言として、お祝いのメッセージを記載することで、相手に気持ちを伝えることができます。他にも、届け先の屋号と会社名を記載、注文者名も記載しておくのが一般的です。

 

メッセージなどは記載しなくても問題ありませんが、せっかくスタンド花を贈るのであれば、簡単なお祝いの言葉を記載しておいた方がいいでしょう。

 

スタンド花は持ち帰りも自由

 

開店・移転祝いに贈るスタンド花は、お祝い事で贈られてきた花であるため、縁起がいいとされています。そのため、来店してくれたお客様や来場者に渡すことが可能です。

 

その際には、お持ち帰り用の包装紙などを準備してもらえることもあるので、スタンド花を贈る際に相談しておくといいかもしれません。

 

お客様や来場者の方に渡すことで、今後も贔屓にしてくれる可能性もあるので、スタンド花を贈る際の心遣いとして、お持ち帰り用の手配もしておいた方が感謝されるでしょう。

 

まとめ

 

ちょっとしたマナーや気遣いを意識するだけで、スタンド花の価値が変わってくるので、今回紹介したポイントを意識してスタンド花を贈ってみましょう。

◇お問い合わせ📞0120-056-0870120-056-087

 

初めての方でも安心 お届けまで完全サポート

 

↓↓↓スタンド花のフォトギャラリーページはこちら↓↓↓

 

【法人専門贈り花 HABOTAN flower】

ハボタンフラワー 編集部