開店祝いのお花を気持ちを込めてスマートに贈ろう

ビジネスのおつきあいでは花を贈る機会が頻繁にあります。特に、店舗がオープンする際は、多くの注目が集まるため、開店祝いとして花を贈ることは、贈る側の企業も、自社をアピールするよいチャンスとなります。とは言え、単に目立てばよいというものではなく、相手とのつきあいの深さや、贈る目的によって、ふさわしい相場があります。きちんと相場を知って、スマートに贈るようにしましょう。

 

開店祝いのお花を気持ちを込めてスマートに贈ろう01

 

スタンドの花を贈るなら

店舗の外にスペース的な余裕があるのであれば、開店祝いに華やかなスタンド花を贈ると喜ばれます。ハレの日にふさわしい豪華さがあり、遠くからでも開店したことがわかるため、集客にもつながり重宝します。
また、地方によっては、スタンド花を地域住民の方に持ち帰ってもらうことでその地域に溶け込み、商売繁盛に繋げるという風習を持っているところもあります。ですから、そのような地方では、基本的に開店祝いはスタンド花になります。
開店祝いにスタンド花を贈るときの相場ですが、15,000円~20,000円程度のものが一般的です。ただし、つきあいの深さによっては20,000円以上の物を贈ることも少なくありません。

 

開店祝いのお花を気持ちを込めてスマートに贈ろう02

 

胡蝶蘭の鉢植えを贈るなら

店舗前のスペースがあまり広くない場合は、スタンド花よりもスペースを必要としない胡蝶蘭の方が喜ばれます。蝶の飛ぶ姿になぞらえて名付けられた「胡蝶蘭」は、幸せが飛んで来るという意味を持つ縁起のよい花です。白だけでなくピンクの物もあり、1つの茎に10個前後の花が付いているものがよく選ばれます。
企業が取引先の店舗に胡蝶蘭を開店祝いとして贈るときの相場は、3本立ち胡蝶蘭20,000円~30,000円ですが、つきあいの深さによっては、50,000円以上の胡蝶蘭などもおすすめです。

 

開店祝いのお花を気持ちを込めてスマートに贈ろう03

 

観葉植物やアレンジメントが喜ばれることも

店舗の立地や広さによっては、広いスペースを必要とするスタンド花や胡蝶蘭よりも、観葉植物やアレンジメントを贈った方が喜ばれるかもしれません。
開店祝いに観葉植物を選ぶ場合は、日の当たりにくい室内でも育てやすい丈夫なものや、縁起の良い名前が付けられた物が人気で、相場は20,000円前後です。一方、アレンジメントはカウンターやレジ横に置けるくらいの小さめサイズから、店舗の出入り口付近に直置きする大きめサイズまであらゆるものが選ばれます。相場は10,000円前後ですが、サイズによっては10,000円を切るものであっても失礼には当たりません。

 

祝う気持ちを形にして贈るのが大事

新店オープンと一口に言っても、業種は様々です。レストランやカフェのような飲食店と雑貨などを扱う専門店では、店舗の広さも集客数も違いますし、営業時間帯も異なります。また、ネイルサロンやエステサロンなどお客様の性別が偏る店舗や年齢層が偏る店舗もありますから、それぞれの店舗にふさわしいお祝いの花を選ぶようにしましょう。

 

【法人専門贈り花 ハボタンフラワー】

HABOTAN flower 編集部