【還暦や古希祝いに贈ると喜ばれる花とは?】

還暦祝いや古希祝いに花を贈りたいと考えている人は多いでしょう。しかし、いざ花を贈ろうと思っても、相手の好みが分からない、どのような種類のものが良いのか分からないという理由から躊躇してしまうかもしれません。そこで今回は還暦祝いや古希祝いにおすすめの花を紹介します。

 

 

☆還暦祝いや古希祝いには胡蝶蘭がおすすめ

還暦祝いや古希祝いにおすすめの花は「胡蝶蘭」です。胡蝶蘭はラン科植物のひとつで、洋蘭の中で最もポピュラーな品種となります。白やピンクの美しい花を咲かす華やかな花です。還暦祝いや古希祝いに胡蝶蘭をおすすめする1つ目の理由は、花が長持ちするので長期間楽しめるという点です。1ヶ月~3ヶ月の間花が咲いているので新築祝や開店祝に贈る人も多いです。2つ目は胡蝶蘭の鉢花は「根付く」 という意味合いがあることから、長寿のお祝いに最適という理由です。還暦や古希をお祝いし、これからも長生きしてほしいという想いを込めるのにピッタリなお花ということです。さらに花言葉は「幸福が飛んでくる」という前向きな言葉なので、このような花言葉も理解した上で贈るとより気持ちが伝わるかもしれません。

 

胡蝶蘭03

 

☆気軽に贈れるアレンジメントフラワー

そのまま部屋に飾ることができる「アレンジメントフラワー」もおすすめです。アレンジメントフラワーとは、1種類もしくは数種類の花を使用した生花のことを指します。花の種類やデザインを自由に組み合わせることができるので、贈る相手の好みを考えてプレゼントすることができます。また季節感を表現できるのも人気の理由です。普段目にする機会が少ない胡蝶蘭は好みが分かれるかもしれませんが、アレンジメントフラワーの場合はバラ・ガーベラ・ひまわりなどの定番の花を組み合わせることができるので無難な選択とも言えます。

 

後藤 篤 2.5万

 

 

☆長く楽しめるプリザーブドフラワー

長期間楽しんでほしいという場合には「プリザーブドフラワー」がおすすめです。プリザーブドフラワーとは、生花に特殊な技術を施し長期間楽しめるようにした花のことです。花を乾燥して作るドライフラワーとは異なり、生花のみずみずしさをキープすることが可能となっています。触った感触も生花に近く、本物と見間違える人もいるほど。保存期間は環境によっても異なりますが、1年~2年は美しさを保つことができると言われています。相手に長く楽しんでほしい場合はプリザーブドフラワーを選んでみてはいかがでしょうか?ハボタンでは今回紹介した3種類いずれにも対応しています。いずれの場合も、1人1人のニーズに合わせた納得のいく花ギフトを作成致します。

 

 

三鬼商事④ 1万円

 

 

 

【法人専門贈り花 HABOTAN flower】

ハボタンフラワー 編集部