お誕生日にお勧めのお花のプレゼントとは

日本には古来、還暦や喜寿などある節目のお誕生日を大切にお祝いする風習があります。そのため大切な取引先のお客様にお誕生日のお祝いを贈ることも多いのではないでしょうか。年齢にちなんだプレゼントをすることも多いですが一番お勧めなのが季節にちなんだお花のギフトです。そこで今回はお誕生日に喜ばれるお花のプレゼントについてご紹介します。

 

☆還暦にぴったりのお花のプレゼントとは

 

友一さん 1万円

還暦は満60歳のお祝いです。十干十二支の60通りの干支が一巡し、生まれた年の干支に戻るため還暦と呼ばれています。赤ちゃんに還るという意味合いから赤いちゃんちゃんこなど、赤にちなんだプレゼントを贈ることは有名ですよね。お祝いの色として赤が決められているため、お花のプレゼントを贈る場合も出来れば赤い色をポイントにした花を贈るのがお勧めです。鮮やかな赤のバラや赤いチューリップなど赤い花は種類も豊富でどの季節でも対応出来ます。花束にする場合は赤だけではなく暖色や白いお花もうまく組み合わせるとより柔らかい印象に仕上がります。還暦は特におめでたいこととして盛大に祝うことが多いのでアレンジも出来るだけ華やかなものがお勧めです。

 

 

☆古希のお祝いにぴったりのお花のプレゼントとは

 

山田圭一郎・利香 5千円

古希は70歳のお祝いで、満69歳でお祝いします。昔は70歳まで生きることは大変稀なことだったので古来より稀、という意味で古希と名付けられました。現代では還暦の時はまだまだ現役で働いている方も多いので、古希を最初の長寿のお祝いとして受け止める方も多いようです。古希を象徴する色は紫色や紺色となっており、還暦は赤いちゃんちゃんこを着て、古希の時は紫色のちゃんちゃんこを着るという風習が残っています。お花を贈る場合気を付けたいのは地味にならないことです。紫色のお花だけで作ってしまうとどうしても地味になりがちなのでピンクや黄色など鮮やかな色を加えてお祝いらしいアレンジを贈るように心掛けましょう。あらかじめ古希のお祝いであることを伝えておくと紫色をメインとしつつも品の良いお祝いらしい花束を作ってもらえます。

 

 

☆お誕生日のお祝いはテーマカラーを大切にしましょう

 

河野プリザ 3万円

 

このほか66歳の緑寿は緑、77歳の喜寿は紫、紺、黄色などそれぞれお祝いの色が決められています。また、お手入れが簡単で長く楽しめるプリザーブドフラワーも誕生日のお祝いにピッタリのプレゼントです。プリザーブドフラワーなら生花以上に色が豊富なのでアレンジの幅も広がります。こ大切な方に喜んでもらえるようにお祝いのメッセージも忘れずに添えて下さいね。

 

【法人専門贈り花 ハボタンフラワー】

HABOTAN flower 編集部