事務所移転のお祝いで喜ばれるアレンジフラワー

相手先との取引を円滑に行うためには、相手先の動向には常に関心を持つことが大切ですね。そんな中、「事務所移転」は相手先とより親しくなれるための大きなチャンスです。ここでは、事務所移転祝として「アレンジフラワーの選び方」についてお話ししましょう。

 

☆アレンジフラワーがお勧めなのは?

事務所の移転は、企業が飛躍するための大きな節目となる慶事です。そのため、相手先の発展を祝うともに、今後も末永くお付き合いいただけることを願って、ささやかな贈り物をしたいですね。

アレンジフラワーは、受付やデスクなど室内に飾れるフラワーギフトとして大変人気があります。また、最初から活けた状態で届くので、花瓶に活けるなどの手間が掛からないメリットが大きいと言えます。

アレンジフラワーを贈るときは、事務所の大きさやレイアウトなどを意識するほか、会社のカラー(コーポレートカラー)をアレンジに取り入れることも大きなポイントです。また、贈り物をするときは値段も気になりますね。

ar_067-257x300

☆いつ贈るといいの?

事務所移転時は猫の手も借りたいくらい忙しい時期ですので、相手先に迷惑にならないように配慮することも大切だと言えます。

事務所の移転に関しては、相手先から事前に挨拶状が届くこともありますが、「移転日」には移転のための作業日を含んでいることも念頭に入れておきましょう。つまり、実際の営業開始日との間には空白期間が生じる場合も少なくないのです。

また、週末を利用して引っ越し作業を行う場合もあるため、贈り物をするときは週明けを待ってからするほうが無難かもしれませんね。しかし、あまり日にちが開けるのではなく、遅くとも2週間以内に贈るように心掛けましょう。

なお、アレンジフラワーは業者から贈る方法もありますが、移転先事務所に招待されたときは、当日持参するといいでしょう。

 

☆贈るときの注意点は?

アレンジフラワーを贈るときには「木札」か「メッセージカード」を添える形になります。

法人や企業が移転する場合は、表書きとして「祝移転」が一般的です。会社全体が移転するときは「祝御移転」「御移転御祝」、一部の建物や部署のみが移転するときは「祝本社移転」「祝事務所移転」などと表記するといいでしょう。

なお、「御祝」はどんな場面にも使えることを知っておきましょう。また、送り主は「会社名・代表取締役氏名」になります。

アレンジフラワーを贈るときは、相手先に喜んでもらうことが大前提になります。それと同時に、贈り主の存在感をさりげなくアピールするようにしましょう。ちなみに、胡蝶蘭は祝い花の定番で、アレンジフラワーとしても人気があります。中でも、「胡蝶蘭大輪赤リップ」は紅白でおめでたい縁起物としても注目されています。

ジャパントンネルシステムズ 3万円

 

 

 

【法人専門贈り花 ハボタンフラワー】

HABOTAN flower 編集部