取引先の創立記念日に送りたいお花の選び方

ビジネスシーンにおいて、取引先と良好な関係を築くためには、創立記念日にお花を送るのも大切な業務の一環です。ただ創立記念日に送る花について、どのような物を選択すればいいのか、わからないという方も多いでしょう。

今回は、取引先の創立記念日に送りたい、お花の選び方について解説していくので、参考にしてみてください。

 

 

 

創立記念日に送るお花の相場

取引先にとって大切な創立記念日には、お花を送ることで良好なビジネス関係を築くことができます。その際に送るお花の相場としては、一般的に2万円~3万円が妥当です。

また基本的に創立記念日に送るお花は、3本立ちや5本立ちの鉢を送るのが好ましいと言われています。

取引先の関係性によって、お花の金額は異なるケースがありますが、どれくらいの金額のお花を送るのかは、相場を参考に検討してみてください。

 

創立記念日に送るお花の選び方

取引先の創立記念日にお花を送る場合、どのような選び方をすればいいのでしょうか。選ぶ上で大切なポイントを紹介していくので、参考にしてみてください。

1.本数を意識する

取引先の創立記念日にお花を送る場合は、縁起がいいとされる奇数の年に送るのが好まれています。そのため、1周年・3周年・5周年・7周年に送るのがおすすめです。

他にも、10周年や20周年といった節目の時期にお花を送ることも、良好なビジネス関係を結ぶ上では大切な要素になります。

また花の本数についても、周年に応じて本数を語呂合わせにして送るなど、工夫を施すことで取引先に喜んでもらうことができるでしょう。

取引先と親しい間柄であれば、何周年の創立記念日なのか、事前に確認しておき、お花の本数を検討してみてください。

2.定番の白い胡蝶蘭が好まれる

創立記念日のお祝いにお花を送る場合は、「幸運が飛んでくる」など、縁起のいい花言葉を持っている「胡蝶蘭」が好まれる傾向にあります。

特に白い胡蝶蘭は、新しいスタートを切る意味合いが込められているので、商売繁盛のお祝いの気持ちを伝えるきっかけになるでしょう。

また業界や地域に根付くという意味から、鉢植えを送ることも、相手が喜ぶきっかけになるので、白い胡蝶蘭は創立記念日のお祝いの定番としておすすめです。

3.色味で赤は避けるべき?!

赤はという字から連想される、赤字・火事から、開店祝いや新築祝いには赤を避ける傾向にありましたが、本来、紅白の文字通り白と紅(赤)はとてもめでたい色合わせになります。

ハボタンフラワーでも、紅のラッピング紙にゴールドリボンが一番人気のラッピングです。

最近の傾向として、お届け先様やご注文主様のコーポレートカラーを意識したお花選びや、店舗やオフィスのイメージを考えた贈り花が喜ばれる傾向にあります。

ハボタンフラワーでは『想いの贈り花』を大切に、お客様のご要望に沿った花贈りを心掛けております。

 

【ST132】
スタンド花 オーダー
数字入りスタンド

【KO019】

胡蝶蘭スタンダード

五本立ち 紅白 東京23区お届け

 

創立記念日にお花を送る時の注意点

創立記念日に送ると喜ばれるお花ですが、渡す際にはいくつか注意しないといけないポイントがあります。どのようなことに注意しないといけないのか、詳しい内容を紹介していくので、参考にしてみてください。

1.否定的な言葉などのメッセージは避ける

日頃からお世話になっている取引先相手に、創立記念日のお祝いとしてお花を送るのであれば、メッセージを送ることもあるでしょう。

その際に、「厳しい経済情勢」といった否定的なメッセージは記載しないことが重要です。良好な関係を築くのであれば、後ろ向きな言葉よりも前向きな言葉をメッセージとして送る方が、取引先も嬉しいでしょう。

また倒れる・かたむくといった倒産や先が続かないことを連想させる言葉をメッセージとして使用するのも、創立記念日の場では不適切であるため、使用しないことが大切です。

2.4周年や9周年は避ける

近年では迷信を気にしない企業も増えていることから、送っても問題ないケースがありますが、4周年や9周年にお祝いの花を送るのはタブーとされています。

4周年は「死」、9周年は「苦」といった言葉に通じることから、縁起が悪いとされているためです。ただ毎年、創立記念日をお祝いする企業も多いので、事前に4周年・9周年のタイミングでお祝いの花を送ってもいいのか、確認しておくことをおすすめします。

3.創立記念までに届くように手配する

創立記念日にお花を手配したものの、当日に届かなかったり、中には創立記念日を休みにしている企業も多いでしょう。その場合、お祝いのお花を手配しても届かない可能性があるので、事前にいつに送ればいいのか、先方に確認しておくことが大切です。

創立記念日が終わってからお花を届けても、取引先の迷惑になってしまう可能性もあるので、手配は間違えないように行うことが重要になります。

 

 

まとめ

取引先の創立記念日にお花を送る場合は、選び方や注意点をしっかり意識して、失礼のないように送ることが大切です。

どのようなお花が好まれるか迷われた場合は、一番人気の白い胡蝶蘭であれば、十分にお祝いの気持ちを伝えることができます。

また4周年や9周年といった時期にお花を渡すことは、企業的に好まれないケースもあるので、事前に渡しても問題ないか確認しておくようにしましょう。

取引先と良好な関係を築くためには、創立記念日にお花を渡して、お祝いの気持ちを伝えましょう。

 

他にも、基本的なマナーに注意する必要もあるので、送る前に何を基準に選択すればいいのか、チェックしておきましょう。

ハボタンフラワーでは、カスタマーセンターを完備しております。お花に関するお問い合わせは、下記フリーダイヤルをご利用くださいませ。

 

 ◇お問い合わせ📞0120-056-0870120-056-087

 

 

【法人専門贈り花 HABOTAN flower】

ハボタンフラワー 編集部