送別・退職祝いに贈る花の選び方

 

日頃お世話になっている人や親しくしている人の送別や退職といったお別れの機会には、それまでの感謝の気持ちを込めた花を贈ることで、きちんと送り出したいですね。しかし、相手によってどのような花の贈り方が喜ばれるかは大きく異なり、特に男性に向けてのセレクトはなかなか大変です。そこで、今回は贈る相手別に花束を選ぶ際のポイントをお教えします。

 

 

b32943b48e3a621a102e37f343925aab_s

 

 

同僚や後輩への送別に贈る花

親しい間柄の同僚や後輩への送別であれば、どんな色や何の花が好きかリサーチした上でオーダーするのがイメージ通りに仕上がるためお勧めです。下調べが難しい場合には、「クールな感じ」「背が高くてすらっとしている」など、その人のイメージを注文の際に伝えるだけでも、より雰囲気に近い花束に仕上がります。

 

0eb69bd9859eb862e71dc4ccede2fdc7_s

 

 

目上の方の退職祝いに贈る花

目上の方が退職する際の花束は特に豪華なものが好まれるようです。花の種類にもよりますが、大体1万円以上の予算でオーダーすると、見栄えの良い花束になります。通常、所属していた会社の部や課で花束を用意するものですが、特にお世話になった方の場合には個人的に送っても問題ありません。
定年退職を迎えた場合には「御引退記念」や「祝定年御退職」、自己都合の退職の場合には「御勇退記念」という表書きをするのが一般的です。花の種類は特に制限はありませんが、目上の方への贈り物の場合には華やかで高級感があるものが望ましいでしょう。60歳の還暦という節目で退職される場合には、色を意識して赤いバラを贈るのもいいですね。

 

 

eec26b15f1b9a3c87d9289bf08011776_s

 

 

花束なんて照れくさいという男性向けの花

大抵の人は花束をもらうと嬉しいものですが、中には電車の中で大きな花束を抱えるのが照れくさかったり、手入れの仕方が分からなかったりという男性もいます。そういった方にはアレンジメントフラワーやプリザーブドフラワーといった花ギフトを贈ってみてはいかがでしょうか。
花束に比べてアレンジメントでしたら比較的持ち運びもしやすいサイズですし、またご自宅で花瓶に生ける必要もありません。水替えの手間などもなく飾って楽しめるのも喜ばれますね。プリザーブドフラワーも、お世話が要らない点では男性に贈りやすいアイテムです。配色を男性的にすることでより喜ばれる贈り物にすることができます。

 

 

ba5c54c6db75782770c0547cd9f02634_s

 

 

贈る相手を考えて花選びを

送別や退職の際に贈る花は、受け取る人にとっては節目を記念する特別なものです。その花を見ることで会社時代の思い出をふと振り返ることもあるでしょう。そんな大切な思い出となる花ギフトなので、贈る相手のことを考えてセレクトすることが何より大切なのですね。

 

【法人専門贈り花 ハボタンフラワー】

HABOTAN flower 編集部