開店祝いにはスタンド花!アレンジフラワーでお店を華やかに!

開店祝いにスタンド花を贈るというのは良くあることですが、そのような場面では他の贈り主よりも目立たせたい気持ちが見え隠れするものですよね。そこでオススメなのがスタンド付きのアレンジフラワーです。見た目にもよく、贈る側のイメージやコンセプトにも合わせやすいですよ。

 

 

☆スタンド付きアレンジフラワーのおすすめポイント

取引先として普段からお付き合いしている企業が移転をしたり、新規に開店をしたりという場面では何かしらお祝いの品を贈りたいものですよね。そのような場面で活用したいのがスタンド花。見た目も綺麗で気分的にも盛り上がるでしょう。

しかし、贈る相手企業も多くの取引先がいるでしょうから、同じようなスタンド花が並ぶということは良くある話です。そこで、他の企業よりも目立たせるならばアレンジフラワーがおすすめです。アレンジフラワーは見た目が華やかですし、ボリュームの調節もしやすいのが特徴です。そのため、贈る相手のお店の規模によって高さや幅を変えることで邪魔にならずに場の雰囲気を盛り上げるのに一役買ってくれます。

201410211364

☆オーダーメイドでさらに魅力アップ!

スタンド花を贈る相手が、例えば開店祝いであれば、お店の規模以外にもイメージやコンセプトを事前に確認しておいて、贈る相手のお店にベストマッチするような心遣いが大切でしょう。このようなこともオーダーメイドのアレンジフラワーならば可能です。

贈る相手が不動産関係や医療関係ならグリーンやブルーの花を中心にまとめると爽やかな空間の印象になりますし、お酒を提供する飲食店なら鮮やかな色使いのアレンジをすれば華やいだ空間を演出できるでしょう。このように、開店祝いのアレンジフラワーは贈る相手のことを考えてお花を選んだりアレンジをお願いしたりなどの工夫をすれば、きっと喜んでくれるのではないでしょうか。オーダーメイドだからこそできる演出、とても魅力的だと思いますよ。

ジャパントンネルシステムズ スタンド 2万

☆自己満足にならないように!

オーダーメイドでアレンジできると言っても、それが自己満足になってしまっては考えものですよね。他の贈り主よりも目立たせたい気持ちがあるかもしれませんが、お花を贈られる側に配慮する気持ちが大切です。

例えば季節感。季節を先取りしてアレンジを依頼するなら良いかもしれませんが、夏なのに冬の花、冬なのに夏の花というような季節感を無視したアレンジの依頼は、お花そのものが入手困難というだけでなく、お花をいただく側も困惑するでしょう。

スタンド花は贈る側としても広告的な意味合いが含まれるかと思いますが、その気持ちが強すぎてしまうと逆効果になりかねません。ですから、自己満足になってしまわないように、贈る相手が心から喜んで貰えるにはどうするべきかを念頭に置いてみてはいかがでしょうか。

 

 

【法人専門贈り花 ハボタンフラワー】

HABOTAN flower 編集部