開店祝いに添えるメッセージの書き方と注意するポイント

開店祝いに花や観葉植物を贈るときは、メッセージを添えると気持ちが伝わります。メッセージには開店を祝う気持ちを込めることが最も大事ですが、タブーもいくつかあるため、マナー違反は嫌われます。失礼の無いように書き方を覚えておきましょう。

 画像7

■基本的な開店祝いのメッセージの書き方

ビジネス上のおつきあいで贈る開店祝いのフラワーギフトには、祝い文字と名前だけの立て札を立てるのが一般的ですが、個人的なおつきあいで贈る場合やカジュアルな雰囲気のお店に対しては、フラワーアレンジメントなどにメッセージの文章を入れたカードを立てて贈ると喜ばれます。

開店祝いのメッセージカードの書き方は、まず『開店お祝い』や『祝開店』などと言った祝い言葉を書き、その次に相手の名前を書きます。そして、その下にメッセージ、最後に贈り主の名前という順番になります。

アレンジメントに添えられるのは雰囲気を壊さない程度の小さなメッセージカードです。そこに祝い言葉と名前が入ることを考えると、メッセージは短めにするのが効果的でしょう。あまり長くすると、文字が小さく読みにくくなってしまいますので気を付けましょう。

 

■開店祝いのメッセージにふさわしい言葉

開店祝いにフラワーギフトを送る際にはタブーがいくつかあります。開店祝いにふさわしくない花や色があるというだけでなく、メッセージにも避けた方が良い表現があるため覚えておきましょう。

例えば、おめでたい日に贈るギフトに添えるメッセージですから、いくら事実であっても「不景気な世の中ですが」等のマイナス表現は書かないようにします。また、倒産を連想させる「つぶれる」「傾く」「負ける」「敗れる」など縁起の悪い言葉は極力避けます。その他お祝い事で避ける『忌み言葉』も使わないようにするのが基本です。

花屋さんに相談すると、開店祝いによく使われるメッセージの例文も教えてもらえますから、参考にしてみるとよいでしょう。

 

■何にメッセージを書くかによって変わる開店祝いの書き方

何にお祝いのメッセージを書くかによって開店祝いの書き方も変わってきます。立て札であれば祝い文字と名前だけですが、メッセージカードであれば短いメッセージが入ります。その際、注意することが1つあります。

開店祝いのフラワーギフトは、スタンド花以外は開店後もしばらくインテリアとして利用されます。つまり、それに添えたメッセージも外さない限りは多くの人の目に留まる可能性があるということです。ですから、他の人が目にしても不快に感じない書き方をすることが大事です。あまりにも個人的なメッセージを添えると、お店を訪れたお客様が不快に感じてしまい、せっかくのお祝いが水を差してしまうこともあり得ます。個人的なメッセージを贈りたい場合は、別に手紙を添えるようにしましょう。

 

 

【法人専門贈り花 ハボタンフラワー】

HABOTAN flower 編集部