事務所の移転祝いに贈るなら胡蝶蘭がいい

取引先から事務所移転の連絡があったら、式典会場や事務所の住所を確認した上で、お祝いの気持ちを表すために花などを贈るといいでしょう。移転祝いや開店祝いで贈る花として間違いないのは、胡蝶蘭だと言われています。

 

☆移転祝いに贈るのはなぜ胡蝶蘭がいいのか?

 

移転祝いに贈る品物にはいろいろな選択肢があります。例えば、高価な置物も候補になりますし、時計が贈られる場合もあるかもしれません。しかし、移転祝いには花、それも胡蝶蘭が好まれるようです。主な理由は二つあるでしょう。

一つは、移転した事務所や維新式典が行われる会場に胡蝶蘭があることで華やかなお祝いムードが演出できることです。特に、三本立てのスタンド花の胡蝶蘭は華やかさと豪華さを兼ね備えていると言われていますので、移転祝いに贈る花としてぴったりでしょう。もう一つは、花が散って式典会場や新事務所が汚れにくい点です。見た目の問題もありますが、掃除がしやすいという点も贈られる側からするとありがたいと感じるはずです。

KO005

 

☆移転祝いに贈る胡蝶蘭の予算は?

 

移転祝いに胡蝶蘭を贈る場合に一番悩むのは予算かもしれません。どのぐらいの金額の胡蝶蘭を贈るかを考える場合のポイントは二つあります。一つは、これまでのお付き合いの深さ、もう一つは、送り先の会社に送られてくるであろう他の花とのバランスです。

強いつながりのあるビジネスパートナーでこれからも良い関係を築いていきたいと思う相手先であれば、立派な胡蝶蘭を贈る方がいいでしょう。また、一般的なおつきあいレベルであればそれほど豪華である必要はないかもしれません。しかし、せっかく胡蝶蘭を贈ったにも関わらず、他の会社が送ってきた豪華なものに埋もれて目立たないようは勿体ないでしょう。

これらにポイントのバランスを取りながら、予算を決めるといいでしょう。

 

 

移転祝いに胡蝶蘭を贈る場合に注意したのは、相手の式典会場や事務所に届くタイミングでしょう、ベストのタイミングは、式典等が行われる日の朝かもしれませんが、確実に朝届けてくれる保障があるかどうか注文した花屋に確認しておく必要があるかもしれません。

当日朝が難しそうな場合は、前日に届くようにお贈りする方法もあります。先方に確認する必要はありますが、問題ないケースも多いはずです。当日に間に合わず贈るのが遅れてしまった場合でも、お祝い事ですので数日遅れ程度であれば花を贈って大丈夫でしょう。

移転祝いを贈る場合は、予算やタイミングに注意しながらも、相手の事業の発展と今後もビジネスパートナーとしてやっていけるように祈りながら胡蝶蘭を探す気持ちが一番大切かもしれません。

 

slide_20160103

 

 

【法人専門贈り花 ハボタンフラワー】

HABOTAN flower 編集部