移転祝いに胡蝶蘭を送る際に気をつけたいマナー

移転祝いの贈り物に、格式のある胡蝶蘭を選ぶ方は多いもの。ですが、せっかく胡蝶蘭を選んでも、マナーを無視して贈れば失礼な行為になってしまいます。お祝いの品で、困らせてしまうこともあるかもしれません。

移転祝いに胡蝶蘭を贈る際には、どんなことに気を付けたらいいのか?ぜひ、この機会に知っておいてください。

移転祝いに白い胡蝶蘭がふさわしい理由

胡蝶蘭は香りや花粉で邪魔をすることがないため、業種を選ばずに贈ることができます。また、ハボタンにて扱っている胡蝶蘭は、内閣総理大臣賞や農林水産大臣賞など、さまざまな賞を受賞している確かな品質と美しさを誇る商品です。どのような場にも似合う上品さがあります。

胡蝶蘭には様々な色がありますが、迷われる場合や初めて贈る場合には、ハボタンにて一番人気の、白の胡蝶蘭をおすすめいたします。

移転先のサイズを確認する

華やかな胡蝶蘭には清潔感があり、品格あるたたずまいは、フォーマルな場にもよく似合います。「幸福の飛来」という縁起のいい意味を持つ胡蝶蘭は、まさに移転のお祝いにもピッタリの花。

移転祝いに最適な予算を知ることも大切ですが、贈り先のスペースに配慮することで、喜ばれることもあります。胡蝶蘭を置くスペースに迷われる場合には、大きさが調整しやすいアレンジメントフラワーなどを選ぶのも良いでしょう。可能であれば移転先のスペースを確認しておくと、贈る花を選びやすくなります。移転のお知らせをいただいたときには、ぜひ移転先を確認し、検討してみてください。

 

移転祝いを贈るタイミングとは?

移転時のお祝いには、移転が完了する前日から1週間前以内にお贈りするのが良いです。先方のご都合の良い日を見計らい、ご迷惑にならない日にちと時間帯を指定して贈りましょう。

移転先のご事情が分からず、移転前のあわただしい時期に贈るのを遠慮したい場合には、移転日や移転後に贈られても、大丈夫です。移転が落ち着いてから贈り物を頂いたほうが、喜ばれることもあります。

 

長く咲き続けることができる胡蝶蘭ですが、生ものでもあります。移転先で美しい姿を少しでも長く楽しめるよう、最適なタイミングにて贈るのがおすすめです。

 

移転先にお祝いに出かける際には、移転祝いを先に贈り、その後に訪問するのがスマートです。移転を知らなかった場合には、移転後にお祝いのお花を届けても構いませんが、なるべく早く、移転後2週間以内を目安とし、日を置かないようにしてください。

 

胡蝶蘭には立て札をつけること

胡蝶蘭を贈る際には、「御祝」や「祝御移転」などの立札を添えると、大変お喜びいただけます。様々なギフトの中でも、大きくお祝いの言葉を添えられる贈り物はお花だけです。贈る気持ちを伝えると同時に、自社のアピールと広告宣伝効果も期待できます。

 

もちろん、お祝いの一言を添えることにより、気持ちを伝えつつも移転先を華やかにする役割も。お相手のお名前や会社名には決して間違いがないように、十分に注意してください。

ハボタンでは立て札やメッセージカードを、サービスにてお付けすることができます。ふさわしいデザインの選び方を相談し、企業ロゴを印字することもできるため、ぜひ移転祝いにご利用ください。親しい間柄あれば、ぜひメッセージも付けてみましょう。

 

若い方から年配の方まで愛される胡蝶蘭の贈り物は、おおいに歓迎されるものです。新天地での幸せを願う花を贈り、今後とも末永く良いお付き合いができるような贈り方を考えてみてください。移転祝いを心からお祝いする気持ちを一番大切にし、さらに配慮することで一層喜ばれるかもしれません。

 

スタッフ一同、皆様のご期待に添うべく精一杯努力してまいりますので、今後ともHABOTAN flowerをよろしくお願いいたします。

◇お問い合わせ📞0120-056-0870120-056-087

“初めてご利用の方はこちら”

 

新規会員登録

 

【法人専門贈り花 HABOTAN flower】

ハボタンフラワー 編集部