素敵なアレンジメントフラワーを取引先に贈りたい!選び方とマナーをご紹介

いつもお世話になっている取引先のお祝いに、素敵なアレンジメントフラワーを贈りたいと考えた時、どのようなアレンジメントフラワーを選択すればいいのでしょうか。また渡す際のマナーなどは、どのようなことに注意すればいいのか気になりますよね。

今回は、素敵なアレンジメントフラワーを取引先に贈りたいという方に、選び方とマナーについて解説していくので、参考にしてみてください。

アレンジメント 20,000円

スタイル:華やか 色味:ピンク系 備考:ペールトーン

ゆり・バラを中心にしたペールトーンのアレンジメント。

4種のグリーンを合わせたイメージ。
20,000円

 

アレンジメントフラワーを取引先に贈る時の選び方

1.花言葉で選ぶ

お世話になっている取引先にアレンジメントフラワーを贈る場合、お花を選ぶ基準としては花言葉で選ぶこともオススメ。何のお祝いに贈るのかによって、おすすめの花言葉も異なるので、事前にお花の花言葉を理解してアレンジメントフラワーを贈るようにしましょう。

まず「スイートピー」の花言葉は「門出」です。新しく部署を異動する方や新規事業の立ち上げをお祝いする時に贈ると喜ばれます。

「ガーベラ」は「希望」です。前向きな花言葉であるため、これからの取引先の発展をお祝いする意味合いを込めることができるので、渡すと喜ばれるでしょう。

「ダリア」の花言葉は「栄華」です。これからの発展をお祝いする気持ちが込められているので、どのような状況でも活用することができるお花になります。

このように、お花には花言葉が存在しているので、お祝いのシーンに合う花言葉から、アレンジメントフラワーの種類を選択すると、お祝いの気持ちを素直に伝えることが可能です。

2.取引先の雰囲気やカラーに合わせて選ぶ

取引先の雰囲気やカラーをイメージして、どのような花の色合いが合うのか、検討して選ぶことも重要です。企業であればイメージカラーをロゴから想像することができるので、事前にイメージカラーを想定しておくといいかもしれません。

他にも花の色調やラッピングなど、贈り先の雰囲気に合うように花束を配慮すれば、相手と良好な関係を築くことができるでしょう。

3.贈り先のスペースに合った物を選ぶ

贈り先にアレンジメントフラワーを渡す場合、ただ渡すアレンジメントフラワーを検討するのではなく、後から飾れるように適度なサイズのアレンジメントフラワーを用意することが大切です。そのため、花束のサイズを選択するために、贈り先のスペースに合った物を選ぶ必要があります。

アレンジメント 白系  10,000円

スタイル:スタイリッシュ
イメージ:クール 色味:白系

あじさい・アンスリュームをメインにした全面ホワイトのアレンジメント。

4種のグリーンを合わせたイメージ。
10,000円

 

アレンジメントフラワーを取引先に贈る時のマナー

日頃から感謝の気持ちを込めて取引先にアレンジメントフラワーを贈る場合、ビジネスとしてのマナーを守ることが大切。次はビジネスマナーとして、どのようなことに注意しないといけないのか、詳しい内容を紹介していきます。

1.しっかり配送してくれる業者を見つける

大切な取引先にアレンジメントフラワーを渡す場合は、直接持っていきたいところですが、急な来客に先方が困ってしまうことも少なからずあります。

そこで上手に活用したいのが、贈り花専門業者。お花のプロでもあると同時に配送まできめ細やかに対応してもらえるので安心して依頼することができます。

いつ何時に届けられるのか、取引先に伝えておけば、後はお花を選ぶだけ。どのお花がいいか悩んだときも、贈り花のプロに相談できるのもポイント。

2.生花の受け取りが出来ないケースは要注意!

取引先の中には、生花の受け取りが規定で禁止されている店舗や事業所もあるでしょう。その場合は、無理に生花を贈ると取引先が困ってしまいます。

3.花の種類に気をつける

花の中にはお祝いに向いていない花言葉を持っている種類もあります。そのため、お祝いの気持ちを込めて渡す場合は、花言葉を事前に調べてから渡すことが重要です。

また、香りが強い植物はオフィスには不向きです。同じ花屋でも法人への贈り花に特化している法人専門の花屋に任せれば、安心して贈ることが出来るでしょう。

 

生花の受け取りが出来ない場合はブリザードフラワーがおすすめ

取引先の中には、様々な理由から生花の受け取りが出来ないことがあります。その場合は、アレンジメントフラワーではなくブリザードフラワーがおすすめです。

ブリザードフラワーであれば、長期的に飾ることができるので、贈り物としても好まれます。普段のお世話もいらないので、相手に迷惑をかけることもありません。

スタイル:スタンド
色味:青紫系
サイズ:H15×W15×D8
紫色のバラ・あじさい・かすみ草・フェイクグリーンのプリザーブドフラワー。

【プリザ03】
5,000円

 

まとめ

アレンジメントフラワーを取引先に贈る場合、花言葉や相手のイメージカラーを調査してから種類を選択することが重要です。ただアレンジメントフラワーを用意するのではなく、何を渡せば喜んでもらえるのか、想定してから用意することが大切になります。

またマナーとしては、直接渡すことを前提とし、生花の受け取りが可能であるかも確認しておくことが重要です。

日頃の感謝の気持ちを込めてアレンジメントフラワーを渡す場合は、選び方とマナーを把握した上で準備を進めていくようにしましょう。

 

 

◇お問い合わせ📞0120-056-0870120-056-087

 

 

【法人専門贈り花 HABOTAN flower】

ハボタンフラワー 編集部