開店祝いで喜ばれる花とお祝いにふさわしい色

開店祝いにはフラワーギフトがよく選ばれます。多くの人が贈るものだけに、どんな花や色を選ぶかに贈り手のセンスが表れます。無難な線で選ぶと埋もれてしまい、目立ちすぎるとマナー違反になりかねません。お店のオープンに素敵な色を添えられるよう、開店祝いにふさわしい花や色を知っておきましょう。

 画像10

■開店祝いにおすすめの花と色

開店祝いにおすすめなのは何と言っても胡蝶蘭です。清潔感と高級感を併せ持ち、花自体にも「幸せが飛んで来る」と言うおめでたい意味があります。また、花に詳しくない人でもお祝いらしさを感じてもらえる点が魅力です。更に、香りが強すぎず、手入れも難しくないため、贈り先のお店の種類やスペースをあまり問わずに贈れるという点もおすすめです。

スタンド花やアレンジメントを贈るのであれば、お店のイメージカラーを入れたり、季節の花を取り入れたりするのもよいでしょう。例えば、夏であれば黄色いひまわりをポイントとして入れると、目にも鮮やかで人目を引きます。

基本的にお祝いらしく明るい色の花がおすすめですが、シックな雰囲気のお店かカジュアルな雰囲気のお店かによっても合う花や色が違ってきます。相手先の好みがわからない場合は、お店の種類や雰囲気などを花屋さんに伝えて合う物を選んでもらうとよいでしょう。

 

■開店祝いに喜ばれるフラワーギフトの形

開店祝いには、スペースさえ問題が無ければスタンド花がおすすめです。宣伝効果が高いため、お客様を呼び込む効果は絶大です。ただし、店先のスペースが狭い場合にはお客様の出入りの邪魔になることもあるため、事前にスペースの確認をしておいた方が無難です。

その点、お店の中でも外でも置けるのが鉢植えです。ビルや地下街など店舗前のスペースが限られている場合には、胡蝶蘭の鉢植えを外に並べることによってスタンド花と同じ効果が期待できます。

また、店内のインテリアとして利用できるものとしてアレンジメントや観葉植物も喜ばれます。相手先のお店がどのようなお店なのか、店先や店内のスペースはどれくらいあるのかなどによって、フラワーギフトの形も違ってきます。できれば事前にどのような形の花が良いか、届ける時間は何時ぐらいが良いかなど、相手先に希望を聞いておいた方がよいでしょう。

 

 

【法人専門贈り花 ハボタンフラワー】

HABOTAN flower 編集部