開店祝いに最適!ハレの日を飾るフラワーギフト

開店祝いのギフトは、お祝いの気持ちがこもっていれば何でもよいという物ではありません。ハレの日を祝うのにふさわしい物を贈りましょう。おすすめは、オープンしたてのお店を華やかに彩るフラワーギフト。お店のジャンルや規模に合わせて贈れるのが魅力です。

画像8

■開店祝いのギフトにふさわしい花は?

開店祝いに選ばれる花と言えば、胡蝶蘭の名前が真っ先に浮かぶのではないでしょうか。数ある花の中でも格の高い花として知られている胡蝶蘭は、蝶が連なって飛んでいるように見えることからその名が付けられました。「幸せが飛んでくる」という花言葉を持つとても縁起の良い花で、鉢植えであることから「商売がうまく行きその地に根付く」という意味も持ち合わせています。

色は白だけでなくピンクなど色の付いた物もあり、2本立て、3本立て、5本立てなど連なっている花の仕立て本数によって価格が異なります。意外とスペースを取る花なので、事前に置けるスペースがあるかどうかを確認しておくと安心です。胡蝶蘭は他の花よりも長持ちするため、贈ってから2~3ヶ月ほど綺麗な状態が続く点も開店祝いのギフトにピッタリです。

 

■開店祝いのギフトに合うスタイルは?

開店祝いによく選ばれるフラワーギフトのスタイルには、スタンド花や鉢植え、アレンジメントなど様々なタイプがあります。それぞれにメリットデメリットがありますから、相手先のお店のジャンルやスペースの広さ、お店の雰囲気などを考慮して決めるようにしましょう。

スタンド花のメリットは何よりも目立つことです。お店の前に置くことで開店したことが遠くからでも一目でわかるため、広告効果は抜群です。一方、鉢植えはオープンからしばらくの間、店内の装飾として使える点がメリットです。胡蝶蘭の他、観葉植物なども喜ばれます。ただし、スタンド花や鉢植えは置くためのスペースも考えて贈る必要があります。

アレンジメントは、レジ横やカウンター上などちょっとしたスペースのインテリアとして活躍します。あまりスペースの広くないお店の開店祝いにおすすめです。

 

■開店祝いのギフトには観葉植物もおすすめ!

開店祝いのギフトにはカラフルなスタンド花や気品のある胡蝶蘭の鉢植えなどがよく選ばれます。開店祝いのフラワーギフトは、基本的に華やかでおめでたい雰囲気を持ったものが好まれるため、お店の場所や雰囲気に合わせて花や色を選びます。

しかし、場合によっては観葉植物の方が喜ばれることもあります。例えば、スタイリッシュさを前面に押し出したお店の場合、カラフルな花よりもグリーンの観葉植物の方が引き締まった雰囲気になるかもしれません。

また、店内の照明が薄暗いお店の場合、花の鉢植えだと長持ちしないことが考えられます。観葉植物の中にはあまり光を必要とせず、世話が簡単で長持ちするものもありますから、花屋さんに相談して、薄暗い店内でも育てやすい観葉植物を選んでもらうとよいでしょう。

 

 

【法人専門贈り花 ハボタンフラワー】

HABOTAN flower 編集部